スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テングチョウ



今年はテングチョウが多いのだろうか。前年まで全く見かけなかったのに、今年は5月下旬に明治神宮で最初に見かけ、今週は何と新宿区の住宅街(上2枚)を飛んでいた。東京都レッドリストで過去に絶滅と書かれていたが、最新版では記載が消えているので数が再び増えているのかもしれない。たまに大発生したりすることもあるそうだし。しかし、さすがに住宅街を飛んでいたのには驚いた。住宅街でもちょこちょこと緑はあるが、近くに公園は無いし、いったいどこからやって来たんだろう??

スポンサーサイト

手乗りモンシロチョウ




逃げられることがほとんどだが、ときどき人の指も気にしないようなのが居て面白い。

アカボシゴマダラの幼虫



体形からして、ほとんど前蛹に近い状態なのかな。相変わらず、正面から見ると愛嬌が感じられる顔をしている(笑)。

謳歌



チョウも既にアゲハ類以外はだいたい飛んでるように思うが、暖かい時期は皆元気で、近づくこともままなりません(笑)。



チョウの中では比較的フレンドリーだと思うベニシジミ(笑)。

モンシロチョウの幼虫



河川敷に居たモンシロチョウの幼虫。来年の春、また元気な姿を見せてください(笑)。
そういえば・・・・今年はどういうわけか、スジグロシロチョウを1匹も見かけなかったなぁ・・・・。たまたまそういう年だったってだけなら良いんだけど。

キタテハ



何か今まで見たものと比べると、すっごく肥えてる個体。マルマルモリモリだ。産卵を控えたメス?まさか寒さに備えて皮下脂肪増量ってことは無いよね(笑)。

アカボシゴマダラの幼虫



エノキの葉上に居たアカボシゴマダラの幼虫。

チョウの・・・・



現時点で、一番正体が知りたいもの。
触るとウネウネとのたくったので、蛹化のかなり初期の段階かもしれない。しかし、ネットを探しても同様の画像が一枚も見つからない・・・・。チョウの類なんかだと飼育した経過をレポートしたサイトなんかもあるのだが、それでも見つからない。頭の突起を見るとゴマダラチョウとかコムラサキ等だと思うけど、葉っぱを丸めて糸を張り、葉の表側に体を固定するってのが・・・・普通は反対側じゃないかな?頭の突起があるままなのも気になるが、これってすっぽりと脱ぐんだろうか?うーーん・・・・こんなの調べればすぐに分かると思ってて、採集しなかったのが悔やまれる・・・。
とりあえず、チョウの種類はなんだろう?

カラスアゲハ



活発な時間帯に行っても、マトモには撮れませんね(笑)。

キマダラセセリの幼虫



顔の様子などからして5齢あたりだと思われます。
開いてしまった葉っぱ・・・次回から、輪ゴムかホッチキス持参しようかな(笑)。

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。