スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナガズジムカデ科の一種



見た目けっこう綺麗(?)だと思うのだが、「日本産土壌動物」では種名まで辿り着けないのが残念。

スポンサーサイト

ナガズジムカデ科の一種



石の下や倒木の裏などからよく見つかるナガズジムカデ科の一種だが、上画像の個体は何だか普段よく見るものより体が短くて、幅広に見える。種類が異なるのか、ふだん見る普通種の幼体なのか、詳細は不明。
そういえば、一時期ネットでも情報が載っていたゴシチナガズジムカデが、最近出た子供向けの安価な図鑑に載っていた。子供向けながら、「新しい図鑑」ということもあって、ヒメカメノコハムシと紹介されていることの多かったイノコヅチカメノコハムシが正しく紹介されていたり、トビムシ類の具体的な種名が載っててビックリした。子供向けにしては、かなり種類が網羅されてるし、画像も綺麗でイイ線行ってると思った。しかし、同定のポイントが記載されていないのが残念(絵合わせで同定したら間違いの元になりそう・・・)。

図鑑=「ポプラディア大図鑑WONDA 昆虫」(2012年11月発行/ポプラ社 2100円くらい)

ナガズジムカデ科の一種



穴から出てきて、再び潜っていくところ。

セスジアカムカデ




倒木裏に居たセスジアカムカデです。歩脚が21対のトビズムカデなどと違い、セスジアカムカデは歩脚が23対です。
今回は、腹面やアゴのアップが撮りたくて裏返すのですがすぐに起き上がってしまうので、撮影枚数がどんどん増えてしまいました(笑)。

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。