フタトガリコヤガの幼虫




外見は異なりますが、いずれもフタトガリコヤガの幼虫です。食べていたのはアオイ科の芙蓉の葉。芙蓉は公園の一角に何株か植わってましたが、一番外れに植わってた一番小さな株に群れていて、それよりもはるかに葉っぱの多い他の大きな株には1匹も居ませんでした。まあ、たまたま親が卵を産んだ場所が小さな株だったというだけなんでしょうけど、わざわざ葉の少ない株で兄弟で葉っぱを取り合ってるような光景はちょっと可笑しくも感じました(笑)。

スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード