ハグロケバエの幼虫



コオロギを探しに行ったのに、落葉をめくると出てくるのはハグロケバエの幼虫ばっかりでした。もう、あっちでもこっちでも、うねうねと・・・・うねうねと!うへぇええ・・・・

スポンサーサイト

スズメバチの運命



つい最近、樹液に集まるオオスズメバチを撮影した場所が、画像のような有様になってました・・・・・。
特に悪さをするでもなく、大人しく樹液を舐めてただけなんですけどね・・・・・。
まあこの辺は犬の散歩をする人が多いので、犬が近づいて刺激してしまうことを危惧してのことでしょうけど。
しかし、昨日もテレビで、スズメバチに刺されて死者が出たっていうニュースをやってたので、ちょっと複雑な気分です。スズメバチは仕方ないにしても、有益なミツバチさえも場所によっては駆除されてしまうのが、何だかなぁ~って感じです。
虫たちともっと上手くつきあっていく方法はないものか。

キアシブトコバチ



上画像は、9月28日に近所の公園で採集した蛹です。おそらく蛾類だと思うのですが、何の蛹なのか知りたかったので、採集して室内で様子をみていました。しかし・・・・・



蛹から羽化してきたのは、キアシブトコバチでした。ガーーン・・・・。
この寄生蜂、なにげに寄生対象が多いですよね。鱗翅目の蛹ならおよそどれでも良いみたいな感じ?サイトによってはヤドリバエの蛹にも寄生するようなことが書かれていますが、そうなればまさに手当たり次第ですね(笑)。
蛾の蛹に寄生するのはよく聞くのですが、具体的な蛾の種類が割と書かれていないのは、今回のように蛹の種類を調べようにも蜂の方が出てきてしまうためでしょうか・・・・。蛾類の研究者泣かせの寄生蜂(笑)。

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード