ホバリング



ホソヒラタアブのメスです。
あと、今頃はホシホウジャクもしきりに飛んでますね。どちらもホバリングが得意です(笑)。

スポンサーサイト

ガガンボの仲間(メス)




明らかにお腹に卵を抱えてますね。落ち葉の下に居たし、お尻を地面に差し込むような格好をしてますので、おそらく土中に産卵する種類でしょう。具体的な種類は、分かりませんでした。

カタモンオオキノコ




どのサイトを見ても、体長は5~7ミリと書かれているんですが・・・・私が撮った個体は、およそ8ミリ。

クビキリギス/褐色型




緑色型はいままで何度か出会ってましたが、褐色型は今回が初めてでした。出会ったのは、駅の近くの車道脇でしたが・・・・・何だか、カマキリにしてもバッタ類にしても、住宅街などで見かけるのは褐色型が多い気がする?

謎の大巻貝




近所の神社の石壁にくっついていた陸巻貝の一種です。晴れてたので、カタツムリに出会うとは思っていませんでしたが、「どうせ干からびてて中身は無いだろう・・・」と思ったら軟体部もちゃんと生きてて、さらにビックリしました。
しかも、デカイ!ぱっと見の印象は、この辺では最大クラスのミスジマイマイ並みだと思ったほどです。
さて、このカタツムリ・・・・いったい、どちら様でしょう?一見すると、ウスカワマイマイのように見えますが、ウスカワマイマイにしてはデカイし、殻が肉厚に見えます。また、殻にはウスカワマイマイっぽくない放射状のスジが明瞭に入っており、横からみた配色もツートンに見えます。しかし、横から見た丸っこい感じ、殻口の形状(大きくて楕円&反り返り部分が無い)はウスカワマイマイの特徴に一致します。
うーーん・・・・誰でしょう???
何だか熱帯系のウスカワマイマイ亜種っぽい感じもします。外部から人為的に持ち込まれた可能性も捨て切れませんので、とりあえずは「ウスカワマイマイの仲間」ということにしておこうかと思います。
誰か、カタツムリ類に詳しい専門家の方の目にでもとまってくれれば良いのですが・・・・・。

ちなみに、普段よく見かける「一般的なウスカワマイマイ」はこちら ↓。



FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード