スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラズミウマ



首相公邸脇の歩道の外壁にへばりついていたクラズミウマ(VIP)。写真を撮っていたら、例によって警備中のお巡りさんに声をかけられました・・・・・もう毎度のことなので慣れました(笑)。

スポンサーサイト

ハラオカメコオロギのメス




ハラオカメコオロギのメスです。残念ながら、片側の上翅と後脚2本ともが欠損していました。
腹面の色、眉斑の形などを参考にしてください。翅の長さは、メスでも区別のポイントになるかどうかは不明。オスなら短いのがハラオカメで長いのはモリオカメ。
お腹の色はモリオカメではもっと褐色が濃いのですが、ハラオカメでもほんのり褐色味はあるので光の加減ではちょっと迷います。裏側から見た腹部の両脇の色が、褐色のモリオカメの場合は白っぽい(側面の腹板は褐色じゃない)ので、側面と真ん中の色が違ってればモリオカメ、側面と真ん中の色が同じに見えればハラオカメと判断がつきます。上画像の個体も腹面はやや褐色味がありますが、側面と同色なのでハラオカメになります。胸部の腹面あたりはやはり白っぽいですね。
タンボオカメは全体的に黒っぽいです。

PS:文章だけではちょっと分かり辛いかなと思ったので、比較画像を作ってみました。比較画像はハラオカメの方がメス、モリオカメの方がオスで、雌雄が違っていますが、「虫の音WORLD」などでハラオカメのオスの方もチェックしてますので、雌雄での違いは無視して大丈夫だと思います。



アカタテハ




昨年は高い樹の上に居るのを遠目で見ながら悔しがったですが、今年はやっとスキンシップに成功(笑)。
都内ではヒメアカタテハとアカタテハはどちらも個体数が多いようですが、この2種は遠目でも翅のシルエットで見分けがつくので楽ですね(笑)。

アシナガトビハムシ属の一種



これも、結構ちょくちょく見かけるんだけどなぁ・・・・。

クロモンキスイ



このくらいの大きさになると、遠めで小バエかと思って、あやうくスルーしそうになるんですよねぇ(笑)。写真撮って拡大してみて、はじめて「あ、甲虫じゃん!」と気付く。

リンガ亜科の蛹?



たぶんリンガ亜科の誰かの蛹だと思う・・・・。
羽化待ちだけど、羽化しないかもしれない。

ヤガ科の幼虫 F



よく見かけるんだけど、種類がよく分からないヤガ科の幼虫。
なんちゃらヨトウか、かんちゃらキリガのどちらか(笑)。

サヤムシガの仲間



ダイズサヤムシガ(Matsumuraeses falcana)かもしれないけど、よく分からないのでとりあえず「Matsumuraeses sp.」としておこう・・・・。

ツマグロヒョウモンの幼虫



毒々しいけど、毒は無し。

クロマルエンマコガネ



落ち葉の上を這っていた、クロマルエンマコガネのメス。

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。