スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いヒメヨコバイ/まとめ

けっこう長い間、外見がよく似た赤いヒメヨコバイの同定について悩んできましたが・・・・・以下略(笑)。

今回、中野区でアカヒメヨコバイと思しき個体を撮影&採集することが出来、過去の酷似種との比較でそれぞれの違いが分かってきました。

まずは、アカヒメヨコバイ(Alebroides rubicunda)。

翅は赤く染まらない。脚は赤い。頭頂がそれほど尖らない。
ベニヒメヨコバイやキウイヒメヨコバイのオス(メスは赤くならない)に似ているが、ぱっと見た印象は、黒い斑紋が無いカンキツヒメヨコバイ(Apheliona ferruginea)に一番近い気がする。

これに対して、頭部や胸部背に黒い斑紋があるのがカンキツヒメヨコバイ。翅が赤く染まってて、脚が黄褐色なのがベニヒメヨコバイ。下翅の翅脈だけが赤く、額部分にM字形の紋があればキウイヒメヨコバイのオス・・・・ということになるようです。
赤色については、成熟の度合いや気温などによって個体差があるようで、オレンジに近い色から濃い赤まであります。単に色によって種類を区別すると、誤同定につながりやすいです。

以上、これでやっと赤いヒメヨコバイが少しはマトモに区別出来そうです(笑)。

スポンサーサイト

コシビロダンゴムシの一種



雨後、地面に転がっていた朽木を割ったら、中から出てきたコシビロダンゴムシの一種(Venezillo sp.)です。
撮っていたときはオカダンゴムシだと思い込んでいたため、2枚しか撮ってなくて、細部のアップもありません(汗)。そのため、種類までは分からず・・・・orz
よく見ると、お尻の末端の板(腹尾節)が砂時計のような形状になっているのが分かるかと思います。
サイズは、オカダンゴムシよりも小さい印象でした。

ワラジムシ





上段・中段・下段、全て同じ「ワラジムシ」(Porecellio scaber)です。同じ日に同じ公園内で撮ったものですが、見た目が違っててけっこう紛らわしいです(笑)。

ウスキホシテントウとムツキボシテントウ/まとめ

けっこう長い間、ウスキホシテントウの変異の幅と真のムツキボシテントウについて悩んできましたが・・・・・この度やっと正しい情報を集め、まとめることが出来ました。

まず、過去に私が見て撮ってきたOenopiaは、全てウスキホシテントウだと分かりました。
また、ネット上の国内のサイトにある“ムツキボシテントウか?”と書かれているものの95%近くが、ウスキホシとヒメカメノコテントウの画像だということが分かりました。

以下、北隆館「原色昆虫大図鑑 Ⅱ 甲虫篇」の解説と、台湾の昆虫標本ページにあった画像などから、情報をまとめたものです ↓



図鑑には書かれてなかったので上の図には書きませんでしたが、ほかにも「ウスキホシテントウの腿節は黒、ムツキボシテントウの腿節は黄褐色」といった違いもあるようです。

そんなわけで、おそらく都区内で見かけるOenopiaはほぼ全てウスキホシテントウで、ムツキボシテントウに出会うことはまず無いのではないかと思いました。
また、ウスキホシテントウについては、意外と変異の幅があるテントウだということが分かりました。
以下は、ウスキホシテントウの変異のバリエーションと解説です。



やはり、迷ったら図書館に行ってちゃんとした図鑑をみないとダメですね(笑)。

ヤノナミガタチビタマムシ





公園ではケヤキの樹がたくさん植わってるので、樹皮裏からはヤノナミガタチビタマムシが出てくる確率が多いですね。エノキやムクノキも多少あるので、ナミガタチビタマムシが混じっているかもしれないと1匹1匹注意してますが、頭楯が横長のは居ないようです。でも、気を抜くといきなり出遭ったりすることもあるので、今後もちゃんと見ていこう(笑)。

アカヤスデの一種




ヤケヤスデ科のアカヤスデの一種(Nedyopus sp.)です。相変わらず、N. tambanusなのか同属の別種なのかは分からないままです。体節の後縁が白い個体はけっこう見かけますが、これが赤い個体と同種の変異なのかどうか・・・・。

ちなみに、屋外でヤスデに触れるとすぐに丸くなってしまい、なかなか動き出してくれない(諦めて撮影せずに立ち去ることもしばしば・・・・)のですが、室内だとちょっと触れたくらいでは丸くなりませんね。動きも活発で速くって、撮影もひと苦労です。ヤスデに限らず、採集してきた虫を室内で撮ろうとすると、屋外ではじっと動かなかった虫でもせわしなく動き続けます。
細部をじっくり撮りたいからわざわざ捕獲してくるのに、逆に室内では動き回ってマトモに撮れず、「頼むからちょっとじっとしてて!」とため息をつくことも多い今日この頃・・・・・・。

クサギカメムシ



神社の軒下で越冬中のクサギカメムシです。
越冬場所としては、樹皮裏に居ることが多いようですが、たまに意外な場所で見かけたりしますね(笑)。

スズキヒメヨコバイ



翅端までおよそ2.8ミリ。胸部背に明瞭な1対の黒紋があり、頭にも1対の点状の黒紋があります。体色はうっすらと黄色みがある淡褐色。
イネ科の雑草に普通だというヨツモンヒメヨコバイとよく似てて、紛らわしい(サイズもほぼ同じ)ですが、ヨツモンヒメヨコバイの方は頭の黒紋部分が広範囲に広がっているようです(普通種という割には、小さい故かまだ見たことがないです)。



コクサグモのメス



今の時期に見かけるのは、だいたいメスですね。

オオモンシロナガカメムシ



地面に置かれた木材の裏にたくさん居ました。
「たくさん居た」という事を伝えたいのですが、こういう虫は見つけた瞬間に四方に散らばってしまうので、なかなか上手く伝わらないですね(笑)。

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。