スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越冬スズメバチ



近所の神社にて。置かれていた伐採木の樹皮をめくってみたら、コガタスズメバチがお休み中でした。



スポンサーサイト

ナゾのテントウムシ

毎年の今頃、中野区の江古田の森公園には1回程度行っているが、今年は公園管理が徹底された影響か、虫が極めて少なかった。地面に転がっていた倒木が片付けられ、草が刈られ、朽木が切られ、枝切りも行われた様子だったが、これでは虫の越冬場所は無いなぁ・・・・という印象だった。そんな江古田の森公園を早々に切り上げて、西落合図書館で虫図鑑を見た後、住宅街の小さな公園に立ち寄った。どんな街にもあるごくありふれた公園だったが、他の公園よりもややケヤキの本数が多く、ケヤキが太いことが気になって、樹皮を何枚かはいでみた。すると・・・・・



コクロヒメテントウ、ヘリグロテントウノミハムシに次いで、何やら見たことの無いテントウムシが出た。測ってみると大きさは3.2ミリ。コクロヒメテントウよりは大きく、ヘリグロテントウノミハムシは小さかった。
採集して自宅でじっくり見てみると、赤紋は翅の付け根部分に1対のほか、上翅の両脇にも小さな紋が1対あるのが分かった。翅の付け根部分に画像のような逆三角形の紋が見えるものといえばヒメカメノコテントウを思い出す・・・・が、ヒメカメノコテントウの上翅にこんな微毛は見えないし、何より体形が違う。顔を見ると色は白い。胸部背板の肩部には幅の狭い白紋が見える・・・・この部分はフタモンクロテントウに似ている。しかし、フタモンクロテントウとは全然紋の形が違う。個体変異かもしれないが、こんな変異のパターンは知らない。裏返すと、腹面はうっすらと赤い。脚は腿節が黒く、脛節より先は白に近い黄褐色。触角も同様に白に近い黄褐色だが、口器は色がよく見えない・・・。たまたまブログでは最近微小テントウの記事を書いて、そのときに他のテントウについてもいろいろ調べたし、本種の採集直前には偶然にも北隆館の虫図鑑の、テントウムシのページをじっくりと見ていた。しかし、本種のような特徴をもつテントウムシは載ってなかった。本種を自室で撮影後、東京都本土部昆虫目録に記録のある未見種を検索したり、全ての属名を検索して海外の画像まで見たりしてみたが、やはり本種に似たものは見つからなかった・・・・・。テントウムシは外見が酷似したものが多くてどれだろうと迷うことは多い・・・・が、外見の似たものが見つからないというのは珍しいことだと思う。しかも、見つけたのがご近所。うーーむむ、23区内もなかなか侮れない。・・・・というか、これ、どうしたものか。とりあえず採集した個体は、今も容器の中で歩き回っている。逝ってしまった後も、一応保存しておいた方が良いかな?
本種について、「ああ、それなら知ってる」という方がいらっしゃいましたら、是非情報をお寄せ下さいませ。



PS:その後もずっとナゾのテントウムシについて考えていたが、ひょっとするとこれ、ヒメテントウの類じゃなくて、 ヨツボシテントウ(Phymatosternus lewisii)の個体変異なんじゃないだろうか・・・・という気がしてきた。サイズ的には範囲内だし、ナゾのテントウの赤紋がある部分にも赤色はある。ヨツボシテントウの会合部と後方の黒色部が肥大していったら、こんなふうに赤色が残る可能性はありそうな気がする。べダリアテントウの可能性も考えたが、腹部や顔の色なんかは一致しない。しかし、ヨツボシテントウなら、顔の白色、脚の各節の配色、触角の淡黄褐色、胸部背板の肩部の白色、腹面の赤色など、背面の4つ紋との違いを除けば全てが一致する。ヨツボシテントウならケヤキ樹皮裏に居たのもうなづけるし、数は少ないものの都市部にも居ることはあるだろう。
とりあえず、ヨツボシテントウの和名や学名で画像検索しても同様の変異体は見当たらないが、個人的にはこの推理で当たっていそうな気がする。DNA鑑定か生殖器の比較が出来ればはっきりするだろうが、私には術が無い。

クビグロアカサシガメ



倒木の下や朽木内からは相変わらずアカシマサシガメが普通に見つかるが、今回は一匹だけクビグロアカサシガメが混じっていた。胸部背の前半が黒いことに気付かなかったら、撮らずにスルーしてしまっていただろう。実はアシマダラアカサシガメの方を探しているのだが、まだ見つけてはいない・・・・。

ニホンヒメフナムシ






陸に棲むフナムシ、ニホンヒメフナムシ。海辺や河口域のフナムシとの違いは、小さいこと、触角やお尻の尾肢が短いこと、頭部に継ぐ1枚目の背板の幅が狭いこと・・・・など。印象としては、フナムシとワラジムシの中間のような外見に見える。

マダラチビコメツキ



このコメツキも、けっこう紋の個体変異があるなぁ。

2紋の微小テントウ類

上翅に1対の円紋がある、体長5ミリ以下のテントウムシについて、同定が難しい(というか紛らわしい)という感が多々あるので、とりあえず把握しているものに限ってまとめてみました。

● フタモンクロテントウ Cryptogonus orbiculus
オスの前頭は黄色で、メスは黒色。
上翅の毛が目立つ。
体長2.5-3.0ミリ。
お尻=丸い。

● アトホシヒメテントウ Nephus phosphorus
体長2mm前後でやや胴長。
上翅の毛が目立つ。
紋以外は黒一色(足や腹部腹面も同様)。
お尻=やや尖って見える。
紋はやや黄色がかる。

● オシマヒメテントウ Nephus oshimensis
体長1.4-2.0ミリ。
アトホシヒメテントウに似るがより小型で、紋は赤色。
触角や口器が橙褐色で、雄の前胸背板に淡色部があるのが特徴。
ササの群落に棲み、個体数は少ない。

● シコクフタホシヒメテントウ Nephus (Geminoshipho) shikokensis
体長?ミリ。
上翅の橙紋はかなり後方にあって、2つの橙紋の他に上翅の末端部も少し橙色がある。
上翅の橙紋は個体変異が多く、紋どうしがくっ付いてしまう場合もある。
胸部背板は雌雄で異なり、オスは両側が橙色で真ん中が黒いツートン、メスは黒一色。
お尻=やや尖って見える。上翅の毛が目立つ。

● ハレヤヒメテントウ Pseudoscymnus hareja
体長1.9-2.5ミリ。
前胸背板は橙色。
上翅の橙紋はくっ付く場合がある。上翅の末端部も橙色がある。
お尻=やや尖って見える。上翅の毛が目立つ。

● フタホシテントウ Hyperaspis japonica
体長3.5-4.8ミリ
上翅表面に微毛がある(ぱっと見は目立たない)
紋が外側にあって小さいため、2つの紋の間はかなり離れて見える。

● ヒメアカボシテントウ Chilocorus kuwanae
体長3.5-5.0ミリ
ほぼ丸に近く上翅の縁が張り出して見える。光沢感がある。

以上。自分のまとめメモとして掲載(笑)。

オサムシかハネカクシの幼虫? F



どっちかというとオサムシ的?何だかすっごい赤っぽい。

オサムシかハネカクシの幼虫? E



どっちかというとオサムシ的?
国内の全ての甲虫の幼虫を網羅した図鑑が欲しい、今日この頃・・・・。

不明幼虫 No.18




荒川河川敷でやたら見かけた、毛深くて黒い幼虫。ハンノキハムシの幼虫に似た雰囲気があるが、毛が生えていることと、触角があるのが異なる。この触角の形・・・・どこかで見たことがある気もするが・・・・。
とりあえず、甲虫なのは確か。数からして普通種だと思うが、現時点では種類不明・・・・。

Ophryomedon crenatus ?

定期的に閲覧しているネット上の虫ブログやホームページは沢山あるが、やはり同じ23区内の虫を撮っているページはとても参考になる。ほぼ同じ場所を歩いているのに、見つけている虫がけっこう違っていたりする点も面白い。同じ場所に居ても、探す場所や視点が違うわけだ。もちろん、採集の仕方も違っていたりする。

目黒区を中心に虫探しをしている「eimon HP」のコンテンツ「東京近郊画像日誌」を見ていたら、見覚えのある顔を見つけた。2011年の3月24日に戸山公園で撮った虫で、落葉下に居たアリの集団の中から見つけたので「アリヅカムシの一種?」としてファイルしていたものと同じ顔に見えたのだ。確認のため、自分で撮ったものを改めてよく見てみると・・・短いと思った腹部は、先端が上にえび反りになっていることが分かった。つまり、腹部は長かった。・・・・というわけで、実はハネカクシだったことが分かった。そのハネカクシは、「東京近郊画像日誌」では「Ophryomedon crenatus(和名なし)」となっていた。Ophryomedonはアリガタハネカクシ亜科(Paederinae)に属するハネカクシだが、東京都本土部昆虫目録には同属の別種であるOphryomedon marginatus(こちらも和名なし)しか載ってない。そこで、2種を比較してみようと思ったが、どちらの画像もネット上では見つからなかった・・・。過去に自分で撮ったものは、翅の外縁に黄褐色の部分があるなど、eimonさんと撮ったものとほぼ同じに見えた。そのため、てっとり早く「Ophryomedon crenatus」にしてしまおうかと思ったが・・・・もしかしてO. marginatusの外見もほぼ同じで、目に見える部分以外で違いがあるかもしれないので、とりあえず私の方は「Ophryomedon sp.」とすることにした。O. marginatusの外見が全く異なっていて、私が撮ったものが明らかにO. crenatusだと判断できたとき、改めてファイル名を変更することにします。ちなみに、北隆館の図鑑にはOphryomedonは全く載ってなかった・・・・orz


オオハリアリの集団の中に居た。ずっとアリヅカムシの仲間だと思っていたが・・・腹部は、よく見たら上にのけぞっていたのでした、チャンチャン(笑)。

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。