スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジュアル



なんていう樹かは知らないが、樹皮面がきれいにペロッとめくれ、しかも幹側の面が白くてツルッとしてるので、おかげで撮った絵がちょっと綺麗に見える。虫の方は意図的に並べたのではなく、樹皮をめくったらこの状態でした。グッジョブ♪

スポンサーサイト

カドムネチビヒラタムシ



同じく朽木に見られるカドムネチビヒラタムシ。ちっこいし、平ぺったい。動き方や大きさがコナチャタテとかトビムシっぽいので、ちゃんと見ないと見逃したりするかもしれない。

ツヤナガヒラタホソカタムシ




朽木内に居たツヤナガヒラタホソカタムシ。ケヤキ樹皮裏なんかには1匹も居ない、朽木専門の虫。

クチビルテントウ亜科2種の腹面



南方系のモンクチビルテントウが都内にも居るかもしれない可能性が出てきたため、とりあえず酷似種との腹面の違いを図示してみました。もちろん背面からでも区別はつけられるでしょうが、最近見かけた黒化したと思しきヨツボシテントウの件もあるので、私の場合は区別がはっきりしている腹面の方を調べてみた次第です。個体差や地域差があるので完全に図のようになるとは限りませんが、おおよそはこんな感じだと思います。

コマバムツボシヒラタアブ



コマバムツボシヒラタアブ。過去にメスは撮ったことがあったが、これは複眼どうしが接しているので、オス。

コメツキムシの一種の幼虫?



こういう個体差の違うものが並んでいるのも、なかなかに面白い(笑)。

ムナアカフクログモ



クモは、ハマルとこれほど面白い対象は居ないと思う。クモが多いか少ないかで、虫の多い場所か少ない場所かもある程度予想できるし、どんな種類のクモ(造網性か徘徊性か)が多いかで、どんな虫が多いかも予想出来たりするんだろう。私はまだそこまでの知識は無いが、イメージくらいは多少出来るようになった。クモが多い公園には、なるほど探すと面白い虫が居たりするものである。
ちなみに、樹皮をめくるとはがした樹皮側や幹の側に、ぱっと見同じような越冬用の巣が見えるが、巣からクモ本体を出してみると出てくるクモは実に様々だ。ハエトリグモ各種、フクログモの類、ヤチグモの類・・・。隣り合った巣からアリグモとヤガタアリグモが出るときもあるし、冬以外では見たことの無いクモが越冬していることもある。何が出るかは開けてのお楽しみ・・・まさにオモチャの缶詰みたいな楽しさがあったりする(笑)。
上画像は、練馬区の光が丘公園で撮ったムナアカフクログモ。都心部の公園で樹皮めくりをすると、出てくるフクログモ類は大抵マダラフクログモで、ムナアカが居たとしても割合的には少なかったりする。しかし、光が丘公園ではチェックしたおよそ40匹のフクログモは全てムナアカで、マダラは完全にゼロだった。この違いがなにを意味するかは分からないが、突き詰めればなかなか面白そうな違いだと思った。

ヒメアカホシテントウ



樹皮裏から出たのでてっきりフタホシテントウかなと思ったけど、よく見たらヒメアカホシテントウだった。よく分からないときは裏返すと分かりやすい。ヒメアカホシテントウはお腹部分だけが赤い。

トビイロオオヒラタカメムシ その2




虫撮りをしてて面白いなぁと思うのは、それまで一度も見たことがなかった種類が、ある日一匹見つけたあと、他の場所でも次々に見かけるようになるってこと。河川敷で初めて見かけたウメマツアリも、その後平地の公園なんかでも見つけるようになったし・・・。こういうのって、実に不思議だと思う。樹皮をめくる樹種は選り好みしていないし、23区内のあちこちで年中虫撮りをしているので、視点の違いとか時期の違いとかってわけじゃない。ホント、面白い。
ちなみに、オスとメスの違いは、画像の腹部末端節を見比べてみてください。

赤い紋のあるヒメヨコバイ




プラタナスグンバイが写ってる一枚を除いたほかの8枚は、同じ1本のケヤキから撮ったもの。同じ樹上にチマダラヒメヨコバイ、ヤマシロヒメヨコバイ、Zygina sp.の3種が居た。こうやって同じ樹上でイッキに3種を見ると、Zygina sp.がチマダラやヤマシロの個体変異じゃないことが分かるし、チマダラヒメヨコバイの個体変異のパターンも分かりやすい。チマダラはやはり、紋が矮小するパターンはあるが、紋の色はほとんど変わらないようだ。Zygina sp.の紋の位置は似ているが、やはり色が明らかに違う。

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。