スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フタナミトビヒメシャク



翅はボロボロだったが、どっこい生きてる。

スポンサーサイト

ハバチの仲間 E



最近、種類がよく分からないハバチに出会うことが多い。兵庫のハバチ図鑑や大阪のハバチ類webを見ても、それらしいハバチが見当たらない。おそらくハバチの種類は思ったよりもはるかに多く、兵庫のハバチ図鑑や大阪のハバチ類webには載っていない種も多いのだろう。そういったハバチは、体長に関係なく身の回りを飛んでいる(大きなハバチでも正体が分からないものが居る)。過去に撮った幼虫の種類に対して、撮影した成虫の種類が明らかに少ないから、種類不明のハバチはこれからもまだまだ出て来そうな雰囲気だ・・・・。
今回撮ったハバチは、脚以外は全て黒い。脚は、基部からふ節まで全てが黄褐色。体長は4ミリほど(翅端までは5ミリほど)。触角はどうやら、先端側が幾分か千切れているようだった。お尻の先から何やら管状のものが出ていたのでメスのようだが、メスでこの小ささとなると種類はかなり絞れそう。雰囲気的にはシダハバチ類とかヒメハバチ類に似ている気がするが、翅脈の肝心な部分が確認出来なかったので所属は不明(採集はしていない)。同定ポイントとしても重要な触角が切れていたため、採集したとしても種類は分からなかったかもしれない。

枝垂桜のアブラムシ(Tuberocephalus sp.)

しばらく冬のような寒さが続いたが、ここに来てやっと気温が上がったので、職場近くでちょっぴり虫探しをしてみた。しかし、都心のオフィス街ということもあって、ほとんど虫の姿は見当たらない。葉だけになったソメイヨシノも同様だった・・・・が、ソメイヨシノに紛れてたった1本だけ生えていたシダレザクラの葉は、その葉縁が赤く膨らんでいた。


アブラムシが虫えいすることで出来るサクラハベリフシという虫こぶだった。同様の虫こぶは、以前、近所のサクラの木で見たことがある(サクラの品種は不明)。しかし、前に見た虫こぶは形状は同じだったが、赤くは無く緑色のままだった。また、見かけた時期は5月中旬で、虫こぶ内には既にアブラムシの姿は無かったが、濃緑色の有翅虫が一匹だけ出てきた。今回の虫こぶは、サクラの品種の違いやこぶの色などから、別種の予感がする。さっそく虫こぶを開いてみると・・・・



中に居たのは黄色い幼虫たちだった。よく見ると幼虫たちの背中には翅芽がある・・・ということは、これらは全て有翅虫の幼虫のようだ。探してみたが、幹母を見つけることは出来なかった。このまま行けば、5月頃には有翅成虫になって外に飛び出しそうな雰囲気だ。サイクル的には以前見たアブラムシと似通っている。しかし、前に見た有翅虫は緑色だったから、外見的には別種ということになりそうだ(成虫になる際に体色が変わるかもしれないが)。
サクラの葉縁に虫こぶを形成するアブラムシについては以前にも悩んだが、結局Tuberocephalus属3種のいずれか・・・・という程度しか分からなかった。しかし、シダレザクラはエドヒガンの系統が多いのだそうで、そういう点から考えるとヒガンザクラコブアブラムシ(Tuberocephalus higansakurae)かその亜種であるエドヒガンコブアブラムシ(Tuberocephalus higansakurae hainnevilleae)の可能性が高そうである。今回のアブラムシと同種に見える個体は5月下旬頃に兵庫の方でも撮られているが、アブラムシの外見に異なった点が見えないものの、サクラの品種や虫えいの時期が異なっているのでこれはまた別種なのかもしれない。
アブラムシ・・・・なかなか難しいものである(苦笑)。

オオハエトリ



丸い触肢がユーモラスなオオハエトリのオス。

ナガコバチ科 Reikosiella ?

きのう、仕事に行く直前に少しだけ立ち寄った靖国神社で、ちょっと面白そうなハチを見つけた。



アジサイの葉上を歩き回っていた体長3.2ミリのコバチ。触角を振りながら何かを探るように歩く様子、そしてこの体形・・・ナガコバチ科の仲間に似ている。胸部なんかは特にそう見える。中脚はそれほど長くは無いが、触角は長い。しかし、過去にネットも含めて眺めてきたナガコバチ類とは少し異なっている。触角に白色部があるところはトビコバチを連想させるし、脚や産卵管に紋があるところはまるでクモヒメバチみたいだ。何といっても特徴的なのが触角の柄節で、上から見るとふつうだが、真横から見るとやや幅広い楕円形に近い形をしている。体色は、背面から見ると光沢のある銅金色だが、腹面から見ると橙色。


Reikosiella属の一種?

交流のある虫撮り人の方々が様々なコバチの細密な写真をたくさん撮っているので、最初はその中で似たものを探してみようと思ったが、今回のような特徴のコバチを見た記憶が無かったので、「これは科の英名で海外の画像検索をした方が早いかも」と考えて試してみた。その結果、「BugGuide.Net」で「Reikosiella sp.」の画像を見つけた。うーーん・・・限りなく似ている!触角の形状も、脚や産卵管のカラーパターンも、ビジュアル的にはウリふたつ。ただ、体長が少々違っていた(どちらもメスだが、私の方が0.7ミリほど大きい)。さらにReikosiella属について調べようと思ったが、ネット上で見つかった画像はこれ1枚のみ。日本語を加えて検索すると、検索結果はゼロになってしまう・・・・ってことは、国内にはReikosiella属の記録は無いってことか?そうなると、属の判断が怪しく思えてくるが、しかし、ひょっとすると未記録の侵入種って可能性もあるわけで・・・・。
専門家ではないし、ネットを探しても情報が見つからないので、現時点ではこれ以上どうしようもない。とりあえずは「?」付きで記事を置いておくしかない。それにしても、けっこう身近に意外な虫が居るもんだ。都心でも、なかなか油断は出来ない(笑)。

ヒメマルカツオブシムシ



今年も家の中で彼らの姿を見るようになったか・・・(笑)。

コガタルリハムシの幼虫



ギシギシの葉には、コガタルリハムシの幼虫がウジャウジャ。周辺一帯のギシギシはほぼ食い尽くされている状態でした・・・・。

ホップイボアブラムシ


さて、前の記事でタマカタカイガラムシが大発生していたウメの木ですが、隣には同じ品種の同じくらいの大きさのウメが植わっていた。しかし、こちらは枝や幹を捜してもタマカタカイガラムシの姿は全く見当たらない。いったいどんな違いがあるのかは分からないが、虫の世界ではこういう事が多々ある。おそらく人間には分からないビミョーな好みってのがあるんだろう。その代わり、隣のウメの木には別の半翅類が居た。葉を見ると、その多くが萎縮して丸まっている。こんな丸まった葉の中には、虫が居ることが多いが・・・・


葉の中に居たのはホップイボアブラムシのようだった。ときどきは有翅虫の姿も見られた。
改めてタマカタカイガラムシの居たウメの方を見直したが、そちらの葉にはホップイボアブラムシは1匹も居なかった。やはり好みが違うってことか・・・。つくづく面白いと思った。

タマカタカイガラムシ大発生


比較的近場の公園にウメの木が何本か植わっているが、1本のウメの木の葉をふと見ると、何やらベタベタした液体がびっしり付いていた。このこのベタベタ感は・・・・甘露ってことはアブラムシか?葉上にはそれらしい姿が見えなかったが、葉からまっすぐ上に視点を上げてやると、目線の先にあった枝にはビッシリと・・・・カイガラムシ!


どうやらタマカタカイガラムシらしい。カイガラムシが分泌する甘露を求めて、周囲にはクロオオアリが何匹かやって来ていた。さらには・・・・


天敵のアカホシテントウ幼虫がウジャウジャ。毎年アカホシテントウをそんなに多く見たという記憶が無いのですが、エサが多ければ捕食者も増えるってことでしょうか。自然界は上手く出来てる。こうやって、過剰な発生は抑えられるようになっているんでしょう。稀に抑制者の居ない大発生というのもあるが、ああいうのは異常な事なんでしょうね。


そんな中、何とか子孫を残そうと交尾に励む雌雄の姿も。来年も再び大発生するか否かは、テントウムシの食欲と運にかかってます。果たして・・・・。

ヒメコバチ科の一種



全身がメタリックグリーンのヒメコバチ。計測は出来なかったが、印象では2ミリ前後と感じた。
この他にもハチやハナアブの類は葉上などで頻繁に見かけるようになったが、春は活発で飛びまくりのため撮影は失敗する方が多い・・・・orz

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。