スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中野区で虫探し

28_02.jpg 28_03.jpg 28_04.jpg 28_05.jpg
28_06.jpg 28_07.jpg 28_08.jpg 28_09.jpg
28_10.jpg 28_11.jpg 28_12.jpg

土曜日に中野区の某公園で撮った写真全画像のサムネイルです。虫以外のものも撮ってますが、虫が少なかったからではありません(笑)。

スポンサーサイト

ヒメテントウの仲間

Nephus sp.

野外で見つけたときは、体長や上翅の赤紋などからアトホシヒメテントウ(Nephus phosphorus)だと思い込んでいたが、採集した個体を室内で撮ってみると、前胸背板の両側や頭部全体が赤く、上翅の紋もやや小さめだった。裏返すと、採集個体の腹面は赤い部分が多く、黒一色のアトホシヒメテントウとは明らかに別種だと分かった。外見的な特徴では、シコクフタホシヒメテントウ(Nephus shikokensis)か、Nephus flavifrons がよく似ていると思えた。シコクフタホシヒメテントウは上翅の1対の赤紋の他に、上翅の後縁にもわずかに赤紋があるというが、採集個体にもそれっぽい部分が見える。メスの胸部背板は黒一色だがオスは両側が橙色になるという特徴も一致しているように見える。しかし、シコクフタホシヒメテントウの体長についての情報が見つからない・・・・。外見が同じに見えても体長が大きく異なれば別種の可能性があるので、そこが確認出来なければ同定できない。Nephus flavifrons は海外の画像を検索して見つけたものだが、こちらは外見に加えて体長もほぼ一致した。しかし、この種が国内に居るかどうかは不明(記録は無い)。おそらく体形や触角などからみて、Nephus属だと思うが、Nephus属は東京都本土部昆虫目録に4種しか載っていないので、ひょっとすると都内初の種かもしれない。一度はオシマヒメテントウ(Nephus oshimensis)も候補に挙げていたが、他県のレッドデータブックを見ると「触角や口器が橙褐色で、雄の前胸背板に淡色部があることなどで、近縁の種と区別できる」と書かれており、頭部の色については触れていないことから「赤くはないんだろう」と判断したため、候補から外した。

ヒメバチ亜科の一種




一見地味であまり特徴が無いように思えるが、ヒメバチの類は特徴が無い方が少数派で逆に分かりやすい気がする。「日本産ヒメバチ目録」を眺めていても、触角の中央に帯紋があったり、腹部末端節に色が付いていたりするものが多い。しかしながら、目録に国内の全種が掲載されているわけではないし、異なった亜科に酷似種が居る場合があったりで、やはり同定の難易度は高いと感じる。今回のヒメバチは翅の鏡胞の形や触角の特徴、脚の色や顔の紋などから、ヒメバチ亜科ヒメバチ族(Ichneumonini)と判断したが、具体的な種類は特定出来なかった。Virgichneumon属やVulgichneumon属、Barichneumon属など(いずれもチョウ目蛹から羽化脱出する内部・単寄生蜂)によく似た種類が見つかったが、肝心の翅脈の画像が無かったり、確認のために海外の生態写真を検索してみると「日本産ヒメバチ目録」の標本画像とは見た目が違って見えたりして、族より先は分からなかった。ぱっと見では過去に何度か見たような記憶があったが、過去の画像を実際にチェックしてみると同種と思しきものは1枚も撮っていなかったので、個体数はそれほどは多くないのかもしれない。

並んだツマグロオオヨコバイ



何か、絵的に面白いと思ったので。

ワカバグモのてがら



樹上でワカバグモの幼体が咥えていた獲物・・・・近付いてみて「例のクサビウンカ亜科の不明種」だと分かったのだが、よく見たら雌雄2匹であり、お尻がつながっていることに気がついた。どうやら交尾中に餌食になったようで、死後硬直で連結したまま離れなくなったらしい。実際、ワカバグモから横取りした死骸を帰宅後に分離させようとしたが、連結部は手で引っ張っても離れず、結局片方の腹部末端がちぎれてしまった。
なにはともあれ、ワカバグモのおかげで雌雄の標本を得ることが出来た。体長を測ってみると、本種でもメスの方がじゃっかん大きいようだ。腹部は欠損してしまったが、末端節の形状は異なっている様子。そして、問題の翅・・・・上翅の脈がが左右でじゃっかん異なり、個体差もあることは分かっていたが、どうやら下翅についても同様の変異があるようだ。
9月は本種の成虫が多く見られる時期で、撮影当日にも生きた個体を3~4匹ほど見かけたが、何となく年々数が増えている気がする。そして、どうやら多くの個体が徘徊性のクモたちの恰好の餌食となっているようだ。危険を感じれば大ジャンプする本種だが、バッタ類ほど敏感とは思えないので、クモにとっても捕まえやすい獲物になっているんだと思う。

 オス
 メス

トゲアトキリゴミムシ



見つけたときは画像左端の状態・・・・我ながらよく気がついたと思う(相変わらず目だけは良い)。
あまりにもすばしこいので、周囲の土やゴミごと採集したため、自宅で確認するまでどんな姿か分からなかったが・・・・見た瞬間に過去のオサムシ類とは違うと分かる、特徴的な形の前胸背板です。調べてみると、トゲアトキリゴミムシ亜科のトゲアトキリゴミムシ(Aephnidius adelioides)らしい。乾燥した草地に多いという生態も一致。東京都本土部昆虫目録の記録は少なくないので、珍しい種類というわけではなさそうだが、目立たない場所に居るし、すばしこいので確認するのがなかなか難しいのではないだろうか・・・・・。

キノコを食べる幼虫




サルノコシカケ科と思しき白いキノコを割ってみたら、中から白い幼虫が出てきた。キノコに居るからオオキノコムシ類か・・・・と思ってしまう(実際、シイタケ栽培のHPなどでときどき、「オオキノコムシの幼虫」としてそっくりさんが掲載されたりしている)が、何だかやたらとデカイし、過去には同じような外見の幼虫を朽木内から見つけたことがある。また、同種のキノコからはやや外見が異なる幼虫(下段右端=別種?)も見つかったが、これもそこそこの大きさで、外から食べ進んだ形跡が無いことから考えてキノコ内で孵化して育っていたものと思われる。これらの幼虫・・・・お尻に突起は無いし、頭が小さくて触角っぽいものも無いし、どうもオオキノコムシをはじめとする甲虫類とは思えない。幼虫の外見から連想するのは蛾の幼虫(ツトガ科ノメイガ亜科)だが、ワード検索しても該当しそうな情報は見つからない・・・・・。しかし、柔らかな茎や葉っぱのみならず、竹類や穀類にも穿孔するノメイガ幼虫なら、キノコくらい容易に食べそうだ。撮影時にはそこまで考えなかったので、腹面の歩脚などを確認し忘れたが、次回に見つけたときにはキノコと一緒に採集して、飼育して成虫を確認してみたいと思う。



何だか今年はアオダイショウをよく見かける。

紛らわしいカメムシ幼虫たち



カメムシに限ったことじゃないが、幼虫は紛らわしいのが多い。成虫の特徴が幼虫にも見られれば良いのだが、成虫とは外見が大きく異なっているものも多いので難しい。ちなみに、チャバネアオカメムシ幼虫(真ん中の画像)については、左上の濃緑色の幼虫以外は飼育して成虫を確認済み。それ以外は、幼虫の近くで見かけた成虫で確認。

ブチミャクヨコバイの仲間



光が丘公園で見かけたブチミャクヨコバイの仲間は、以前に渋谷区で見かけたものとよく似ているが、体や翅の色合いがじゃっかん異なって見える。ブチミャクヨコバイの仲間は外見がよく似ていて、別種と区別するポイントがよく分からないが、光が丘公園では都内であまり見ない外見の幼虫を見かけているので、今回の成虫も渋谷区のとは別種かもしれない。
東京都本土部昆虫目録には6種のDrabescus属が記録されているが、図鑑には一部しか載っていない。

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。