スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



何だか今年はアオダイショウをよく見かける。

スポンサーサイト

紛らわしいカメムシ幼虫たち



カメムシに限ったことじゃないが、幼虫は紛らわしいのが多い。成虫の特徴が幼虫にも見られれば良いのだが、成虫とは外見が大きく異なっているものも多いので難しい。ちなみに、チャバネアオカメムシ幼虫(真ん中の画像)については、左上の濃緑色の幼虫以外は飼育して成虫を確認済み。それ以外は、幼虫の近くで見かけた成虫で確認。

ブチミャクヨコバイの仲間



光が丘公園で見かけたブチミャクヨコバイの仲間は、以前に渋谷区で見かけたものとよく似ているが、体や翅の色合いがじゃっかん異なって見える。ブチミャクヨコバイの仲間は外見がよく似ていて、別種と区別するポイントがよく分からないが、光が丘公園では都内であまり見ない外見の幼虫を見かけているので、今回の成虫も渋谷区のとは別種かもしれない。
東京都本土部昆虫目録には6種のDrabescus属が記録されているが、図鑑には一部しか載っていない。

モンスズメバチ



梅の木やクヌギにモンスズメバチが来ていたが、たった1匹のオオスズメバチが割り込んできて樹液場を独占してしまった。追い出されてしまった数匹のモンスズメバチはしばらく周辺をウロウロ飛び回っていたが、その後どこかに飛び去っていった。

練馬区で虫撮り




光が丘公園で虫探しをした成果です。ちなみに、画像中で「アオバハゴロモ科の不明種」としているものは過去のファイリング時の命名を整理の関係で引き継いでいるものですが、今後「クサビウンカの仲間」に修正する予定。

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。