スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コハナバチ科 Lasioglossum sp.




コハナバチのメス。コハナバチについては同定の参考になる資料が手元にほぼ皆無なので、大雑把にLasioglossum属だろうってことくらいしか分からない(亜属はもちろん不明)。体長は5ミリ前後で、タンポポに訪花していた。

スポンサーサイト

ヒメハナバチ科 Andrena sp.


 Andrena sp./オス

アブラナに訪花していた、体長9.5ミリ前後のヒメハナバチ。
オスの顔に黄白色の斑紋があったため、植物の種類も含めてキバナヒメハナバチ(Andrena (Chlorandrena) knuthi)だと思ったが、体長がキバナヒメハナバチよりも大きく、前伸腹節の形状も一致しない。オスの顔に黄白色の斑紋があるヒメハナバチは他にも居るが、都内に生息していて春に出現する種類を図鑑から抜粋し、体長や訪花植物が一致するものを探した結果、該当する種類が見あたらなかった。

アブラムシ増殖中



様々な植物上でアブラムシを見かけるようになってきた。植物によっては、複数種のアブラムシが混在していたりして、とっても紛らわしい(笑)。

サクラの葉のハバチ幼虫



サクラの葉を食べていたハバチの幼虫。1枚につき1匹ずつで、葉縁から食べている。同種と思しき幼虫はHepotaさんも撮っており、その情報によれば10月頃にも再び現れるようだ。
同じサクラの葉裏では、黒いハバチ成虫を3匹ほど見かけたが、かなり上方に居て細部の接写が出来ず、採集も出来なかった。ただ、遠目でも、触角がかなり長いということが確認出来る(ヒゲナガハバチ亜科?)。ただ、これが親かどうかは今のところ分らない。

 これが親?

ヤマブキハバチの幼虫?



ヤマブキの葉裏に居たので「ヤマブキハバチの幼虫?」と思ったが、合ってるかどうかは分らない・・・・。

過酷だよ



フタスジヒラタアブの幼虫に捕食されている、シャクガ類の若い幼虫。それより大きい中齢くらいの幼虫が傍らで胸を撫で下ろしているように見えるが、よく見ると右側の幼虫には寄生蜂の刺し痕と思しき黒ずみが見える。
毎年たくさんの虫を見かけるが、どの虫もこんな厳しい環境をくぐり抜けてると思うと、ありきたりの虫を見ても思いが深まる。

ヨコバイ科の幼虫



種類不明のヨコバイの幼虫。何となくブチミャクヨコバイ亜科の幼虫に似ているが、尾部が二股の葉状のブチミャク類と比べ、こちらは1本の管状に見える。飼育する自信が無かったので採集はしなかったが、3箇所ほどで見かけたので数はそこそこ居そう。いずれ成虫を見かけるかもしれないが、それが親だと果たして分るかなぁ?(笑)。

トゲムネアリバチ



メスが無翅のトゲムネアリバチ(Squamulotilla ardescens)。アリに擬態してるんだろうけど、胸が赤いので目立つ(笑)。

オオミズアオ



オオミズアオの春型、オス。やはり大きな蛾はいいなぁ。何より、この蛾は美しい~。

近所の公園はあいかわらず



雨の予報があったので、近所の公園で散歩程度の虫撮りをするに止めたが、虫たちの顔ぶれはほぼ例年どおりだった。ただ、オオワラジカイガラムシのオスが多かったのに比べてメスが少なかった。天敵であるベニヘリテントウの幼虫が多く、既にかなり大きくなっていたので、飛べない上に出現が早いメスはほとんど捕食されてしまったのかもしれない。あと、毎年同じ時期に同じ場所で見かける緑色のヒラタアブ幼虫が居るのだが、具体的な種類はいまだに分からない。公園内ではハグロケバエの他に、セアカキノコバエとクロバネキノコバエ科の一種が多かった。少し前に倒木の裏で小さめの幼虫を見かけていたので、その近くで見かけたクロバネキノコバエ科の一種が幼虫の育った姿だと思ったが、念のために幼虫が居た倒木を裏返したところセアカキノコバエ成虫が複数匹出てきたため、再び幼虫の種類がどちらだか分からなくなった(笑)。
公園内では、およそ4年ぶりにオオミズアオ成虫と再会した。大好きな大型蛾との再会だったので、嬉しさのあまり公園の管理人さんに見せに行った。過去に成虫を見かけた場所の周辺は、公園の増改築でちょっと前までドタバタしていたが、オオミズアオが無事に生き残っていることが分ってほっとした。まさに「どっこい生きてる」(笑)。例のジョウカイモドキ科と思しき赤褐色の幼虫も、今年もしっかり歩いていた。



FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。