深夜徘徊



深夜に歩きながら民家の塀などを見ていると、壁面を小さな黒いクモが這っているのを見かけるようになりました。キシノウエトタテグモのオスです。
昨年の写真を見ると9~10月にオスの写真をたくさん撮ってましたので、どうやらこの時期がオスの移動時期のようです。メスを探して深夜に移動するってことなんでしょうけど、そうするとメスも壁面とかにいるのかなぁ?それとも、ただ単にオスは高い場所を這って移動する習性があるんだろうか。いまのところ、キシノウエトタテグモのメスを壁面で見かけたことは、まだありません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ジャワカ零さん、おはようございます。
キシノウエトタテグモの巣は今まで公園でしか見たことなかったですが、意外と民家の庭先とか、鉢に植わった植木の中とかにも潜んでいるのかもしれませんね。

深夜徘徊は確かに怪しいと思われているでしょうね。しかし、夜行性の虫がいる以上、夜間に外出せざるを得ません(笑)。

No title

おはようございます、フッカーSさん。
都市中心に生息するって、どういう因果関係があるんでしょうかねぇ。

徘徊するクモを深夜徘徊、…近所の人は、絶対あやしい人と思ってるでしょう。(爆)
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード