ハラオカメコオロギのメス




ハラオカメコオロギのメスです。残念ながら、片側の上翅と後脚2本ともが欠損していました。
腹面の色、眉斑の形などを参考にしてください。翅の長さは、メスでも区別のポイントになるかどうかは不明。オスなら短いのがハラオカメで長いのはモリオカメ。
お腹の色はモリオカメではもっと褐色が濃いのですが、ハラオカメでもほんのり褐色味はあるので光の加減ではちょっと迷います。裏側から見た腹部の両脇の色が、褐色のモリオカメの場合は白っぽい(側面の腹板は褐色じゃない)ので、側面と真ん中の色が違ってればモリオカメ、側面と真ん中の色が同じに見えればハラオカメと判断がつきます。上画像の個体も腹面はやや褐色味がありますが、側面と同色なのでハラオカメになります。胸部の腹面あたりはやはり白っぽいですね。
タンボオカメは全体的に黒っぽいです。

PS:文章だけではちょっと分かり辛いかなと思ったので、比較画像を作ってみました。比較画像はハラオカメの方がメス、モリオカメの方がオスで、雌雄が違っていますが、「虫の音WORLD」などでハラオカメのオスの方もチェックしてますので、雌雄での違いは無視して大丈夫だと思います。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは、フッカーSさん。
そうそう、こういう「比較画像」みたいのも、とても助かるんです。
専門家の書かれている昆虫の部位名とか使われても、正直「私は誰?ここは何処?」状態なので、これは超明白で最高であります。(^^ゞ

No title

ジャワカ零さん、こんばんわ。
ありがとうございます。こういう説明の仕方になるのは、自分もまだ素人で、図鑑の説明が難しすぎたり、もっと他の分かりやすい見方は無いものかと悩んでいるからでございます(笑)。
また、標本と生体とでは外観が異なって見えることも多いのですが、私は捕まえても標本は作らないので、生きてる姿から特徴を探ろうとする点が実用的になるのかもしれません。
交尾器を引っ張り出さないと同定できないようなハエ類では、全く応用出来ないものばかりなのが悩みの種です(笑)。
こういう作業は単に自分にとってのメモ的なものなのですが、ついでに他の方の参考にでもなれば幸いです。

No title

こんばんは、フッカーSさん。
昨日今日とコオロギも一寸撮ったので、参考にさせてもらいます。
フッカーSさんの説明は、その辺の図鑑より「○▲ムシは□◇ムシより何タラがペケペケになっているが、実際には余り差異はなくチョメチョメで判断した方がよい」等と具体的且つ実用的な説明で助かります。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード