スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤドリカニムシ科の一種



昨年の3月に中野区の公園で初見したカニムシですが・・・・今回、善福寺川緑地で再会とあいなりました。外見から見て、おそらく同種だと思われます。樹木はアキニレでした。
相変わらず動きが鈍く、後退しかしないのですが、これでもダニを捕って食う捕食者なんですよねぇ。
今回は、3匹ほど採集もしました。




見た目は“コワモテ”のカニムシですが、実際は意外とデリケートな虫のようです。採集した3匹は、帰宅した時点で既に息絶えていて、少し乾燥し始めていました。
前回の記事では、種類どころか科も絞り込めず、「カニムシの一種 Pseudoscorpionida fam. gen. sp.」とすることにしました。しかし今回は、細部(特に腹面)をチェックし、どうやらヤドリカニムシ科(Chernetidae)というところまでは分かりました。都内では樹皮下でよくトゲヤドリカニムシ(Haplochernes boncicus)が見られるのだそうですが、H. boncicus あるいはその亜種かどうかまでは確認出来ませんでした。日本に分布するかどうかは知りませんが、Dendrochernes属などにも似ているような気がします。とりあえず、樹上性のヤドリカニムシ科だけでも7種類以上がおり、それ以外に未記載種も多そうなので、現時点では「ヤドリカニムシ科の一種 Chernetidae gen. sp.」にしておこうと思います。いずれ顕微鏡が入手出来たら、ハサミ部分の毛などを見て種類まで絞っていこうかな。まあ、焦らず欲張らず・・・・です(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。