スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウスキホシテントウとムツキボシテントウ/まとめ

けっこう長い間、ウスキホシテントウの変異の幅と真のムツキボシテントウについて悩んできましたが・・・・・この度やっと正しい情報を集め、まとめることが出来ました。

まず、過去に私が見て撮ってきたOenopiaは、全てウスキホシテントウだと分かりました。
また、ネット上の国内のサイトにある“ムツキボシテントウか?”と書かれているものの95%近くが、ウスキホシとヒメカメノコテントウの画像だということが分かりました。

以下、北隆館「原色昆虫大図鑑 Ⅱ 甲虫篇」の解説と、台湾の昆虫標本ページにあった画像などから、情報をまとめたものです ↓



図鑑には書かれてなかったので上の図には書きませんでしたが、ほかにも「ウスキホシテントウの腿節は黒、ムツキボシテントウの腿節は黄褐色」といった違いもあるようです。

そんなわけで、おそらく都区内で見かけるOenopiaはほぼ全てウスキホシテントウで、ムツキボシテントウに出会うことはまず無いのではないかと思いました。
また、ウスキホシテントウについては、意外と変異の幅があるテントウだということが分かりました。
以下は、ウスキホシテントウの変異のバリエーションと解説です。



やはり、迷ったら図書館に行ってちゃんとした図鑑をみないとダメですね(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。