スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎のシリホソハネカクシ類



腐った倒木の樹皮をはがしたら、こんな虫が出てきました。最初はタマキノコムシ科(Leiodidae)だと思ったのですが、お尻や触角を見るとどうやらハネカクシ科(Staphylinidae)のようです。
「これはじっくり見てみなければ」と、採集したのは良いのですが・・・・・・



「あれ?何か体形が違う・・・・??」
この手のハネカクシ類は、乾燥すると腹部が縮んでしまうようです(ガーーン!)。とりあえず乾燥個体を計測し、生態画像と比較することでおおよその体長を算出。体長は2.5~3ミリほどです。
さっそくハネカクシ類との比較をしてみましたが、シリホソハネカクシ亜科(Tachyporinae)の一種なのは間違いないと思います。東京都本土部昆虫目録に記録のあるシリホソハネカクシ亜科の中では、「Sepedophilus」(ヒメキノコハネカクシ類)と「Tachinus」(マルクビハネカクシ類)が近いように見えます。しかし、「bugguide.net」でそれぞれの属の仲間の画像を見てみたのですが・・・・何となくどちらにも完全一致しないように感じます。「Sepedophilus」との違いは触角や体節の数、腹部側面の長い毛など。「Tachinus」との違いは体長や体形、体色など。・・・・・で、一応それ以外の属の画像も見てみた結果、「これだ!?」と思ったのは「Coproporus」でした。触角の構造や長さ、体形、体色、腹部の節の数、腹部側面の毛の生え方や長さ、腹部末端の形状などなど・・・・確定しちゃっても良いくらい一致箇所が多いです。「Coproporus」は東京都本土部昆虫目録に記録は無いのですが、Coproporus=Erchomusということらしく、皇居から出たクロチビマルハネカクシ(Erchomus scitulus)一種の記録だけがありました。とりあえず、クロチビマルハネカクシの画像やデータがネットでは出てこないので、近々図書館に行かねばなりません。もしこれがクロチビマルハネカクシでは無かった場合、未記録のCoproporus sp.である可能性もあるわけです。
こういう難解虫に遭遇すると、ハネカクシ談話会に入会してじっくり話を伺いたいと思ったりしますが、こんな悩ましい微小虫ばかりを見る羽目になるのもツライなぁ・・・・と思ったりもするのでした(笑)。

参考>bugguide.net/Tachyporini » Coproporus

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。