スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キアシクロヒメテントウ



ハダニが群れる葉の上に、微小な黒いテントウムシが歩いていた。最初はクロテントウだと思ったけど、それにしてはやや大きい。そこで、葉っぱごと採集して自宅でじっくりと見てみました。その結果、どうやらキアシクロヒメテントウらしいと分かりました。

「キアシ」とありますが明瞭に黄色いわけでもなく、上からでは脚はほとんど見えないので、大きさ以外ではクロテントウとの区別は出来ません。大きさと、ハダニを食べているところで判断するしかありません。

 幼虫とその脱皮殻
 蛹とその抜け殻

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

未同定画像の中に

過去に撮った微小テントウムシの画像に、2ミリ弱で脚まで真っ黒な未同定テントウムシが3種ほどあるのですが、そちらは採集しなかったために正体は分からずじまいです。しかし、そのうちのどれか1つがおそらくクロテントウだと思ってます。だとすると、確かに個体数は少ないですね。クロテントウについては今回、分かりやすい同定ポイントが把握出来ましたので、次回見かければはっきりすると思うのですが・・・。ほかの2つはエグリクロヒメテントウとかズグロツヤテントウなどではないかと思ってるのですが、微小テントウの情報は少な過ぎて絵合わせは難しいですね・・・・。
最近は虫撮りに出掛けられずに新しい画像が無いので、過去画像の未同定種でも記事にしようかなぁ・・・・。
コメント欄の画像投稿については、そういう設定があるかどうかちょっと探してみます。

No title

クロテントウはこの冬も年末にケヤキから採りました。ハダニに比べ一回り大きく、脚が黒い事でわかります。しかし確かにハダニクロヒメが多く、クロテントウは少なく感じますね。最近はチビタマムシなどもゲニ抜いたりして同定しております。ここに写真が貼れればいろいろ載せたいところですが^^;本来蛾屋の僕は微少甲虫仲間が少ないので今後ともよろしくお願い致します。

おっしゃるとおりですね。

蛾LOVEさん、 明けましておめでとうございます。
キアシクロヒメテントウ、確かにこちらでもまだ未確認です。おそらく東京都本土部昆虫目録にあるキアシの記録も、ハダニ再確認前の記録なので全てハダニってことになるのでしょうね。
ちなみに、ケヤキ樹皮裏からごくごく普通に見つかる黒いテントウも、おっしゃるとおりハダニクロヒメテントウのようです。いままでクロテントウだと思って図鑑ブログにも掲載しちゃってましたが、どうやら誤同定でした。保育社の図鑑に従って検索したとき、「頭楯が目の前で強く側方に広がる」の部分を間違えて解釈していたようで、改めて再チェックしたところ頭楯は目の前には広がってませんでした(頭の縁に目があって飛び出した感じになってました)。どうりで胴が縦長に見えると思いました(汗)。そういうことになってくると、自分はまだ真のクロテントウも見たことが無いことになりますので、自分の場合はキアシクロヒメテントウとクロテントウを都内で見つけるのが目標になります。クロテントウ・・・一応樹上に普通だという事で本土部目録にも記録は多いのですが、捕食するマルカイガラムシがなかなか見つからないので、べダリアテントウみたいな感じで個体数は減ってるのかもしれませんね・・・・。
というわけで、図鑑ブログの方は早速訂正せねばなりません。
そんな若輩ですが、今年もよろしくお願いいたします。

キアシとハダニ

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。お久しぶりです。最近ケヤキからでてくるこのヒメテントウ、関東各所のものを顔とゲニ見て確認してますが今のとこすべてハダニクロヒメテントウです。キアシを関東で見つけるのが目標になってます^^
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。