スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クサカゲロウ科の一種



昨年あたりから、とある場所で、種類がよく分からないクサカゲロウをちょくちょく見かけている。顔を見ると、ヨツボシクサカゲロウ(C. pallens)とクモンクサカゲロウ(C. formosa)の中間のような紋となっている。つまり、ヨツボシクサカゲロウのように触角基部あたりに黒点紋が1対あるが口元近くにあるはずの黒点紋が無く、クモンクサカゲロウのように触角間に黒点紋が1つあるが頭の胸部側にあるはずの黒点紋が無いのであります。どちらもChrysopa属なのでとりあえずは「Chrysopa sp.」ということになるが、これが前2種の変異タイプなのか、それ以外の未知種なのか・・・・具体的なことは分からない。偶然か否か、見かける場所がいつも同じなのだが、変異した性質を後代に遺伝しているのだろうか・・・・。もしかしたら、極めて局所的に、新しい種が生まれようとしているのかもしれない・・・・なんちゃって?(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。