スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナガカメムシ科の幼虫



光が丘公園の“昆虫原っぱ”に居た、ナガカメムシ科の幼虫たち。
ネットで探すと色や斑紋が似ているヒメジュウジナガカメムシ幼虫の画像が出てくるが、東京都本土部昆虫目録にはヒメジュウジナガカメムシ(Tropidothorax belogolowi)もジュウジナガカメムシ(Tropidothorax cruciger)も載っていない・・・・。ということは、これはセスジナガカメムシ(Arocatus melanostoma)の幼虫かもしれない。
今回、エビイロカメムシの幼虫がワンサカ居たけど成虫は居なかった(エビイロカメムシ成虫は個人的に未見)ので、それも含めて光が丘公園には近いうちにもう1回行く必要がありそうだ(笑)。

PS:その後さらに検索を続けてみた結果、都内でもジュウジナガカメムシ類(Tropidothorax sp.)が撮影されていました。練馬区でも撮られていたのですが、カメムシBBSでの議論を読んでみるとなかなか難しいタイプのようで、平地には珍しいジュウジナガカメムシの「矮小型」というものでした。その同定は成虫の細部の特徴から判断されたものであり、成虫でも他種と酷似している識別点は幼虫では判別不可能と思われるため、現時点では「ジュウジナガカメムシの仲間の幼虫」(Tropidothorax sp.)としておこうと思います。疑惑だったセスジナガカメムシの幼虫については、若齢幼虫の外見からしてかなり違っていました・・・orz

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。
私の撮ったのは練馬区ですが、奥多摩でもジュウジナガカメムシ類の撮影記録がありましたので、おそらくヒメジュウジナガカメムシ(Tropidothorax belogolowi)かジュウジナガカメムシ(Tropidothorax cruciger)の、どちらかの幼虫でしょう。私は、とりあえずどっちだか分からないので「ジュウジナガカメムシの仲間の幼虫」というふうにごまかしておきました(笑)。いずれ成虫が見つかったら、どちらかはっきりさせたいと思います。

No title

あっ、この幼虫この間の土曜日撮りました。
西六郷3丁目の土手で、…ってローカルすぎますね。
六郷橋と多摩川大橋の間の河原の草っぱらなんですが、やはりウジャウジャしてました。この写真でもそうなんですが、結構小さめの奴からデカイ奴まで居るんでよね。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。