スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういう定め・・・

CIMG0807.jpg CIMG0808.jpg

それにしても、アレだ。前にもチラッと書いたけど・・・・こうやって虫撮りをしていると、図鑑どおりの標準的外観の個体に出会うことの方が少ない気がする(私だけ?)。上画像のツチバチだって、白っぽい毛色や腹部の帯(2節めが太くて、5節めが存在する)、小楯板に黄紋があるってことで、「はいっ、ヒメハラナガのオスで確定っ!」とあっさり決まるところだった。しかし・・・あれ?胸部後方に1対あるはずの黄紋が・・・無い。こうやって、長時間の同定作業を余儀なくされ、結果的に翌日の虫撮りタイムが無くなってしまうのでした(毎度のパターン)・・・。ホント、ツイテナイというか、どうしてこういう個体ばかりに出会うのだろう。
とりあえず、これ、ヒメハラナガツチバチの黄紋消失個体ってことで良いのだろうか・・・・胸の黄紋は消えることあるの???

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。