スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た目の違和感



ホソハリカメムシなんて、コレだもんなぁ(笑)。たぶん、弱っていた上に雨で濡れたせいでこんな感じになったのかな。都内の公園は出会ってもハリカメムシばかりで、一時は「ホソハリカメムシなんて居るのか?」と思ったけど、それはイネ科の植物が生えてる場所が少ないからなのだろう。ハリカメムシとホソハリカメムシ・・・胸部背の尖り方とか体の細さとか、イマイチ違いがはっきり分からなかったが、お腹側から見てやると分かりやすいかもね。お腹側から胸部背を見ると、ホソハリカメムシの場合は背板の張り出し部分なんてほぼ見えず、ほとんどトゲ部分だけって感じ。一応、触角第一節は全方向から数枚撮って、縦条線が無いことも確認した。また、同日に幼虫も確認した(先に見つけたのは幼虫の方で、その特徴から「ひょっとしてホソハリカメムシの成虫が居る?」と思ったのでした)。
とりあえず、今度は標準的な体色の個体を採集したい。例外的な個体ばかりじゃぁ、普通に参考にする図鑑になりゃしない(笑)。まあ、体色を除けばおおよその種の特徴は出てるけれども・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。