スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ



今まで使っていたコンデジ、壊れたわけじゃないけど、レンズが汚れたのか撮った写真に赤い微小な点が写り込むようになった。普通に風景なんかを撮ってる分には全く問題ない程度のホントに微~~小~~な点なのだが、被写体自体が微小な虫を撮ってトリミングすると、赤い点も拡大されてとっても気になるのでした。赤い点が写り込む場所が、よりによって写真のど真ん中(小虫を撮る場合、自動の焦点が小虫の中心部になるんだけど、その焦点と赤い点の位置がほぼ一致する)ので、ちょうど写真の小虫の体のど真ん中に赤い点が入ってしまうのでした・・・。
そんなわけで、2台目のカメラを買いました。前のカメラは光学4倍ズームだったけど、今度のカメラは12.5倍。「これで今までよりアップで虫が撮れる♪」とウキウキしたのですが、自宅で試し撮りをしてみるとちょっと違う感じ・・・・。小さな被写体の「接写」は、前とそんなに変わらない?ズームについては、どうやら接写よりも望遠向きという感じのようだ。っつーか、明らかにピントが合っていないのに、シャッターが押せる状態になるのはどういうわけだろう(ピントが合わなければシャッターが押せない機能は前のカメラと同じはずだが、モニターで見てピンボケ状態でも撮影OKのサインが出る・・・・)。
とりあえず、このカメラにはまだ慣れていないので、しばらくは2台を持ち歩くことにしよう。接写が思うようにいかなかったのは残念だったが、ちょうど「近寄れない池の上のトンボやアメンボをどうやって撮ろうか」と悩んでいたところだったので、このカメラにはそっちの方向で頑張ってもらうことにしよう。虫などの接写を売りにしたデジカメといえば、リコーのなんちゃらってカメラがあったのを、買い物を終えてから気がついた私・・・。衝動買いをして失敗することは日常茶飯事なのである(笑)。

PS:仕方なく地デジチューナーも買い換えました。目出度くテレビも復活(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

Hepotaさん、こんばんわ。
テキストよろしくお願いします。
とりあえず、レンズの直径が違うので、自作クローズアップレンズについてもまた改めて自作しないといけません。ただ、前回のカメラではどうやってもフラッシュ光が近すぎて真っ白になっていたのが、今回のカメラでは飛び出す長さが長い分だけマトモな明度で写ってくれる気がしてて、そこにちょっと期待してます。
まあ、考えてみれば、接写機能が高いということはそれだけ虫に近付けるということで、近寄った分だけ逃げられる可能性も上がるわけなので、屋外で使用するなら望遠機能が高い方が良いかもしれませんね。
金銭的に余裕があるなら、環境ごとに使い分け出きるカメラを揃えたいところですが・・・・(笑)。

No title

望遠側が伸びていると、クローズアップレンズを取り付けたときの倍率が高くなるのでイイですぜ。
テキストはもうじきアップできると思いますが…
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。