スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメヨコバイの一種



今週の練馬区の公園では、とにかく上画像のヒメヨコバイがやたらウジャウジャと居ました。人工物の壁面はもちろん、とある木の下では枝葉をワサワサと揺すると多数のコイツらが飛び出し、上着がヒメヨコバイだらけになるくらいだった・・・ウへェ。
無紋で淡い黄緑色をしたヒメヨコバイ類はいままで何種類も撮っており、そのうちのいずれかと同種なのではないかと思ったが、アップにした過去画像の横に並べてみると胸部背の白い紋の形など、過去画像のいずれとも一致しなかった。とにかく、今まで見たヒメヨコバイの中では最も黄色く、肉眼ではもっと黄色が濃く感じられた。
ユスリカ類もそうだが、ヒメヨコバイもまた、予想以上に種類が多そうだ(単なる絵合わせ程度の区分けだが、My画像フォルダの無名ユスリカ類はすでに38種類めに到達・・・)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。