スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個体変異

図鑑どおりの標準的な個体ならあっさり同定完了するところが、ほんの少しの部位の違いでいつも長い時間を費やして悩むことになる。前からたびたびつぶやいていることだが、ホント、ツイテナイというか、どうして私はこうヘンテコな個体に出会うのか・・・・私自身がヘンテコだからか(ああ、自分で言ってしまった、笑)。



背中(小楯板)が赤くないセアカツノカメムシ(羽化して間もない個体か?)、ツノ(胸部背の肩部)が赤くないヒメハサミツノカメムシ・・・。アオモンツノカメムシ類は個体変異が無くてももともと難しい種類なんだけど、それでも一瞬「誰?」と思ってしまったのはおそらく画像の個体の腹部先端両側の尖った部分が見えないから(普通は、わずかでもはみ出して見える)。腹部先端両側の尖った部分が見えれば、尖った部分の角度や生殖節との段差なんかである程度種類が分かるのだが、見えない場合はもう推測するしかない・・・・ということで、過去に出会っているアオモンの方にしておきました。都内ではアオモンの方が全然普通種だし、近くに食草のヤツデがあるので。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。