蛹を咥えたアミメアリ



脚や眼などがすでに親そっくりの白い蛹を咥え、サクラの幹を上っていくアミメアリ御一行。
お魚を咥えて走っていくのはドラ猫。
そういえば、ドラ猫の「ドラ」って、平気で盗み食いをするようなふてぶてしい者(ドラ猫)や、お金をやたら浪費するような道楽者(どら息子)を指すらしいのだが・・・・・ドラえもんの「ドラ」も同じ意味?考えてみれば、未来からひょっこりやって来てのび太くん家の押入れに勝手に住み着いちゃって、人間の要求に渋ったり怒ったりするのは、確かに「ドラ」なのかも(笑)。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード