スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノハラボタル



ヘイケボタルはっけーん・・・・と思ったら、侵入種のノハラボタル(Pyropyga sp.)だった・・・orz
夜行性のホタルなら複眼が大きいはずだが、コイツは複眼が小さく、お尻にも発光器が見当たらない。複眼が小さいのは昼行性の証拠で、真昼間に河川敷のイネ科植物葉上に居たのもノハラボタルの生態と一致する。胸部背板は半円形をしており、前縁部の両側がくびれるオパボタルやオオオパボタルとは明らかに異なるのが分かる。
現代のDNA調査をもってすればPyropyga属の小名も分かるはずだと思うのだが、ネット上で探しても「Pyropyga sp.」しか出てこない。素人の無茶な絵合わせをしてしまえば、Pyropyga属の代表種、P. decipiensとP. nigricansの2つではP. decipiensの方に似ている。P. nigricansは胸部背板の外縁がうっすらと黒く、ぱっと見はオパボタル的なのに対し、P. decipiensは胸部背板の外縁が白くなっているところが採集個体と一致する。すでに定着したと思しき本種はいずれ図鑑にも掲載されるだろうから、そのとき学名がどうなっているか楽しみだ。(ホタル科マドボタル亜科Photinini族Photinina亜族Pyropyga)

参考:1>BugGuide.Net/Search「Pyropyga」
参考:2>PDF 記録された帰化ボタル

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

深津さま、はじめまして。
先ほど画像6枚を添付した情報メールを送信しましたので、内容をご確認くださいませ。

ノハラボタル分布情報の提供をいただけませんでしょうか?

はじめまして、産業技術総合研究所/東京大学/筑波大学の深津武馬と申します。https://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/GLeader.html私たちはノハラボタルの現在の分布状況に関するなるべく正確かつ網羅的な情報を把握したいと考えておりまして、もしも可能でしたらご協力をいただきたくご連絡を差し上げた次第です。よろしければ以下をご覧いただければ幸いです。https://staff.aist.go.jp/t-fukatsu/PyropygaInfoPhotoSample.html
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。