スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤグモの幼体?




深夜散歩のときに見つけた光景。車道沿いの石壁に羽蟻が何匹も居るのを見つけたので近寄ってみたら、ぱっと見「ハチが寝るときにアゴで噛み付いてぶら下がる」格好に見えました。しかし、写真を撮って拡大してみると、穴の中に微小なクモが居て、羽蟻はクモに掴まっているという状態なのでした。穴の大きさは蟻の頭ほどの大きさしかないため、全部が穴の中には入らないのでしょう(笑)。クモの正体が知りたかったので何とか引っ張り出そうと、羽蟻を引っ張ってみたり、穴の中を小枝でまさぐってみたりしましたが、無駄でした・・・。まあ、クモの大きさから考えて、仮に引っ張り出せたとしても同定は無理でしょうけれど。しかし、クモの巣はトンネル状になっていましたし、窪みに巣を作っていることから考えて、おそらくミヤグモの幼体なのではないか・・・と推理。そういえば、コンクリの壁の向こうにあった公園では、過去にミヤグモの成体を数回撮っていました。
しかし、この場所・・・・羽蟻の飛翔時期を除けば、ダンゴムシかヤスデくらいしか這っていないと思うのだが・・・・エサが居ない時期は別の場所にでも移動するんでしょうかねぇ?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。