スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホソヘリカメムシ



天敵から身を守るために他の虫に擬態する昆虫がいる。ホソヘリカメムシはそうした仲間とは違うと思っていたが、翅を広げて腹部をさらした状態はアシナガバチ類にそっくりでした。翅の形といい、長い後脚といい、腹部背面の色といい、模倣率はかなり高いと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おちゃたてむしさん、こんばんわ。
実物を見たのは私も初でしたが、腹部背面がこんなふうになってるのは「鎮(チン)さんの自然観察記~写真録~」というブログで見て知ってました。この虫ブログは、虫の雌雄(特に生殖器のアップ)や翅の下の腹部背面などの画像をよく掲載してて、とても参考になります。
ちなみに、上画像の個体はこの状態のまま葉っぱや枝の上を這って逃げ回るだけで、飛びはしませんでした。もしかすると、何かの不具合で翅が閉じなくなってしまった個体だったのかもしれません。

No title

こんばんは。
私もこんな姿を見るのは初めてで、一見別種かと思いました。翅を畳んでいるときは地味な色合いなのに、飛んでいるところがいかにもハチっぽく見えるのにはこんなわけがあったんですね。

No title

こんばんわ。
カメムシは、外見が地味でも翅の下がカラフルなものはけっこう居る気がします。しかし、確認のために強引に翅を開かせるのには抵抗があるので、自分で開いてくれるのを待ってます。そのため、こういう写真はたまにしか撮れません(笑)。
写真よりも肉眼の方が綺麗に見えたりするので、そらさんも是非チャレンジしてみてください。

へ~っ

こんにちは、
最近よく見掛けるようになりましたが、翅の下がこんな風になっているのは初めて知りました。
これは、自分でも一度確認してみる必要が有りますね(^^;。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。