クモの正体



左画像は車道脇のコンクリ壁面で見かけたクモの幼体。おそらく、8月の記事「ミヤグモの幼体?」で壁面の小さな穴に潜んで羽アリを捕らえていたクモの正体がコイツだと思われる。幼体なのではっきりとは分からないが、やはりミヤグモのようだ。
ちなみに、9月上旬に等々力渓谷公園で撮ったイエユウレイグモのメスらしきクモ(右画像)は、図書館で調べた結果、やはりイエユウレイグモのメスということになりました。同定のポイントは、前方真ん中の単眼の位置と、頭胸部背面の暗色紋の形状。とりあえず、ユウレイグモの仲間も複数種いることが分かって勉強になった。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード