スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま作業中




ハキリバチが葉を噛み切ってどこかにせっせと運ぶ様子を観察。
具体的な種類については、これから調べます(汗)。

PS:
その後、「日本産ハナバチ類画像データベース」の検索表でハキリバチ属(Megachile)と確認。東京都本土部昆虫目録にあったハキリバチ属全種をピックアップし、細部の特徴を見ながら1つずつ消去。結果、「頭部に黒い毛がある、各腹背節端に光沢のある無点刻域がある、腹部側面に黒毛が密生する、後脚に赤褐色の毛が密生していない、晩夏に活動、葉の種類に特にこだわらない」といった特徴から、画像の個体はスミスハキリバチ(Megachile humilis)のメスと同定されました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。