オオホシカメムシ科の幼虫/比較



いままでさんざん悩んできましたが、やっとオオホシカメムシ科の幼虫を見分けられるようになった・・・かな?(笑)
まあ、成虫と一緒に居るのを確認するのが一番確実ですが、幼虫だけの場合は居た場所がヒントになったりします。樹上に居たらオオホシ、石下や落葉下・地表はヒメホシの確率高し。
上画像はオオホシとヒメホシの幼虫を並べたものですが、主に成虫と一緒に居たものを選んであります。
腹部の色の違いは、アテになるかどうかは分かりません。
翅の成長具合を見て、同じ齢と思われる個体どうしの体形(特に腹部)を比べるのが良いと思います。ヒメホシは都内でなかなか見つからないので終齢幼虫の画像しかありませんが、オオホシの終齢幼虫と比べると腹部が明らかに幅広で、縁が反り返らずに丸っこいのが分かると思います。触角の先端節の白紋は、幼虫でもやはりヒメホシの方が幅広なようです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード