スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオホソクビゴミムシ



倒木の隙間にビッシリ詰まったアオゴミムシに混じって、何か愛嬌のある顔をしたゴミムシが見えた。オオホソクビゴミムシだった。最普通種ながら今まで未見だったので、さっそく捕まえようと思った。つまんだ瞬間、音とともに強烈なガス噴射! 熱くは無かったし、臭くもなかった(慢性鼻炎でニオイは感じないのです。笑)が・・・指のガスがかかった部分が茶色に変色した。ガス噴射の瞬間を撮りたくて、その後何度もつまんでみたが、複数回の噴射は無理っぽかった、残念。



採集してプラ容器に入れたが、やっぱりオサムシ・・・プラ容器は滑ってのぼれない。オサムシ類共通である。これがゾウムシやハムシなんかだと、平気で上っていく。ふ節の構造が違うのだろうね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

銀杏さん、こんにちわ。

子供の頃は怖いもの知らずで、不用意に何でも触ったりしますよね(笑)。
私の場合、鼻がきかないので幸か不幸か臭いを感じることは出来ませんでしたが、カメムシも含めて「悪臭を放つ」のも虫の特徴の1つなので、それを直に体験して確認出来たのは良い経験になったかもしれません。
虫によって放つ臭いの種類も様々だと思うので、そこらへんも併せて解説してみたいと思ったりもしますが・・・・・私は、残念ながらカメムシですら今まで一度も臭いと感じたことはありません。

No title

子供の頃、東京郊外の神社境内でこの虫が歩いていたのを観つけて指でつまんだことがあります。

つまむと温かい温度を感じたので気味が悪くなりすぐに放ってしまいました。
そして虫をつまんだ指の臭いをかぐと強烈な悪臭がして泣きそうになったのを覚えています。
(物凄く臭いので怖くなりすぐに家へ逃げ帰り石鹸で手を洗いました。)
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。