スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリヅカコオロギの仲間



朽木樹皮裏のトビイロケアリの群れに、アリヅカコオロギの仲間が混じっていた。捕獲しようと思ったが、容器を準備しているうちに朽木上からポロリと落下し、そのまま行方不明となった・・・・残念。樹皮裏のトビイロケアリはやや体色が淡く、河川敷ということもあってカワラケアリかと思ったが、カワラケアリは土中に巣をつくるので、やはりトビイロケアリで良いんだろう。
今後もトビイロケアリやクサアリの巣などを探って、好蟻性の虫たち(アリヅカコオロギやアリノスハネカクシ、アリノスアブ、好蟻性ノミバエ類など)を見つけていきたいが、確実に同居してるとは限らないし、巣を崩さずに探るのもなかなか難しいと思った。こういうとき、医者が使うようなワイヤーカメラでもあれば良いなぁと思うが、迷路のような土中のアリ巣ではやっぱり無理かな(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。