スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コナカゲロウ幼虫の飼育



1月2日に捕獲したコナカゲロウ科の幼虫は、現在も飼育容器の中で元気です。気がつくと葉裏側でじっとしてますが、少し突付くとけっこうな速さで走り回ります(笑)。しかし、捕獲以来、エサを食べたような形跡が無いのがちょっと心配・・・・。とりあえず、飼育容器にはヨツモンホソチャタテの卵、ヤツデ葉裏のカタカイガラムシ幼虫、アオキコナジラミの蛹、ミカンコナジラミ(?)の幼虫が入れてあります。チャタテムシの卵やカタカイガラムシの幼虫は、他のブログにコナカゲロウ幼虫が食べている写真が載っていたのですが、どうやら別属のコナカゲロウ類のようだったので、我家の幼虫が食べるかどうかは分かりません。ただ、カタカイガラムシ幼虫にはほんのちょっと、興味を示したような動作はありました。エサを食べない理由が非自然な状況下だからか、時期的・あるいは齢的に食べなくても大丈夫だからか・・・・はっきりした理由は分かりませんが、とりあえずはこのまま様子を見るしかありません。無事に成虫になってくれれば良いのですが・・・・果たして。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。
相変わらず幼虫は食事の形跡が見えませんが、とりあえずは元気な様子です。いずれ空腹になれば与えたエサのいずれかは食べてくれると思ってるのですが、蛾の幼虫なんかは飼育下だと食草であるにもかかわらず食べずに衰弱してしまう場合もあるので、そこらへんが心配です。
とりあえず、一瞬でも良いから大人になった顔が見てみたいですね。

期待しています

こんばんは、

コナカゲロウ幼虫の幼虫って、何を主食にしているのかな(^^;。
いずれにしても、最終的にどのコナカゲロウになるか楽しみですね。

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。