スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手上げ



コナカゲロウ幼虫のエサ用に採ってきた、ヨツモンホソチャタテの卵付きのヤツデの葉。おそらく、その葉と一緒にくっ付いて来たのが、上画像の微小虫。体長およそ1ミリ。サルノコシカケ科でよく見かけるクリイロケシデオキノコムシに似ているが、体長はおよそ3分の1。触角は先端に向かうほど太くなり、頭は黄褐色に見える。体形的にはシリホソハネカクシ亜科の一種にも似ているが、上から見て頭部がはっきり飛び出して見えるので、これは違うと思う。ハネカクシ上科と予想して北隆館のハネカクシ解説をひととおり見たが、体長1ミリ前後となると該当種がマルケシハネカクシの仲間(Holobus属)の2種しか無い。そのうちの1種であるマルケシハネカクシ(Holobus antennatus)は後脚腿節がもっと太く見える。もう1種のコマルケシハネカクシ(Holobus kurama)は体長が0.6ミリ内外と書かれているが、図鑑の画像では腹部が縮んでいるので、生体では1ミリくらいになる気がする。ただ、頭部が黄褐色との記述は無く、図鑑では黒一色に見えるので、コマルケシハネカクシではない可能性もある。もちろん、ハネカクシの仲間では無い可能性すらあり得るのだが・・・・なにせ我が機材では、このサイズの虫はとっくに撮影の限界を超えていて、細部がはっきりとは確認出来ないので、これ以上の追究は無理だ・・・・orz
思えば、ヤツデの葉裏を見ていて黒い砂粒のようなものが動いている光景は、過去に何度か見た気がする。肉眼では虫と認識することすら難しいサイズなので見落とすことも多いんだろうが、よく見ればけっこうな個体数は居るのかもしれない。あとは、1ミリの微小虫を細密に撮ることが出来る趣味人に、マトモな同定資料となるような画像を任せるとしよう。同定は、それまで保留ってことで(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。