スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不明ヒメバチ

今週末は目黒区の林試の森に行ってきたが、虫がほとんど見つからなかった上、見つけた虫のほとんどは「sp.」という、さんざんな結果だった。とりあえず、そういったものでも未同定のままアップしていこうと思うが、それには誰ぞわずかでも情報があれば寄せてもらいたいという思惑も抱いている(笑)。



今回の林試の森の虫で、最も分からなかったのがこのヒメバチ。ヤツデの葉裏でじっとしていた、頭のてっぺんから腹部の先までがおよそ6ミリの個体。体の裏表の様子から体長・翅脈までバッチリなので種名まで辿れると思ったけど、日本産ヒメバチ目録の掲載画像を全部開いた結果、該当種なし・・・・orz
翅脈的にはヒラタアブヤドリヒメバチ亜科に近いけど、腹部の第一節の構造はチビアメバチなどのように細くて長い。針は腹部から真っ直ぐ出てて短いところがヒメバチ亜科的。触角には帯紋が無く、先が太い。脚は比較的スリムで、後脚が前・中脚と同じくらいの長さ。胸部背にも腹部背面にも、特徴的な紋があるが、腹面に紋は無い。
翅脈は、Rsからm-cuにつながる脈を欠くのでヒメバチ類なのは確かだと思う。鏡胞は無し。
同じヤツデの葉裏には、ニホンヒメグモの幼体、クロスジホソサジヨコバイの幼虫、ムクノトガリキジラミくらいしか居なかったが、それらを狙っていたのか、単に葉裏で越冬中だったのかは不明。
かーなり個性的なので、既知の方にはすぐに分かるんじゃないかと思う。でも、未記録種だったら、このままお蔵入りか・・・・。改めて、ヒメバチ類の難しさを知った。とにかく、種類が多過ぎるんだよー(笑)。

追記>記事を投稿した直後に、そらさんからのコメントで種名があっさりと判明しました!あまりの超スピード解決に思わず大爆笑(笑)。
所属は、ニジヒメバチ亜科(Brachycyrtinae)のBrachycyrtus属。クサカゲロウ類に寄生する寄生蜂で、国内ではナワニジヒメバチ(Brachycyrtus nawaii)とエゾシロニジヒメバチ(Brachycyrtus ornatus)の1属2種のみだそうです。日本産ヒメバチ目録では種名の記載のみで画像はありませんでしたので、さらっとスルーしていました。背面から見るとこの2種はよく似てますが、ナワニジヒメバチには横から見たときに、中胸側板に黄色い紋が見えるそうです。また、海外のエゾシロニジヒメバチの画像では顔が黒かったですが、ナワニジヒメバチの画像の多くでは顔が白くなってましたので、その部分も今回のヒメバチと一致します。・・・・というわけで、「ナワニジヒメバチのメス」で確定と相成りました。そらさん、コメントありがとうございました!

追記2>中胸側板の黄色い紋については、大きさの個体差があるようです。エゾシロニジヒメバチの同部は黒一色で紋は見られないので、大なり小なりとにかくこの部分に黄紋があれば=ナワニジヒメバチということで良さそうです。頭部を真上から見たときの黒色部の範囲も違って見えます。

参考>そらさんの「ご近所の小さな生き物たちフォト
参考>おちゃたてむしさんのブログ
参考>Information station of Parasitoid wasps

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。
何よりラッキーだったのは、交流のある人たちがすでに撮影していてウェブ上にアップしていたってことですね。全然知らない人が撮ってて個人フォルダに入れてるだけだったら、何の手がかりもつかめませんでした。やはり、未同定のものであっても、何らかの形で情報を共有出来る形になってると、何かと便利だったりするわけです。とにかく「撮ったら公開」ですね(笑)。

たまには

たまには、私でもお役に立てることがあって、とっても喜んでいます(^^)。
ちょうど巡回をした時だったので、ある面ではラッキーでしたね。
フォトの方は、次回の更新の時に「?」を外すことにします。ありがとうございます。

超早いコメントに感謝!

そらさん、こんばんわ。
おちゃたてむしさんのブログの該当ページと、そらさんの図鑑ブログ、おちゃたてむしさんにコメントを書いていたわたなべさんの運営する「Information station of Parasitoid wasps」の該当ページを見てきましたが、どうやらそらさんが教えてくださったナワニジヒメバチ(Brachycyrtus nawaii)でビンゴのようです!ニジヒメバチ亜科の記録は2種だそうですが、ナワニジヒメバチの特徴である「中胸側板の黄色い紋」が確認出来ましたし、海外のエゾシロニジヒメバチの画像とは顔の色が違っていたので、ナワニジヒメバチのメスで間違いないと確信しました。
「Information station of Parasitoid wasps」の該当ページにも書かれていましたが、やはりこれだけ個性的なハチとなれば、既知の方にはひと目でそれと分かる「識別は容易」な種類だったようですね(笑)。次回出会ったら、もう迷わなくて済みます(笑)。
情報、ありがとうございました。
そらさんの図鑑の方も、中胸側板に(大きさはやや小さいですが)黄色い紋が見えますので、ナワニジヒメバチのメスで良いと思いますので「?」マークは外して良いと思います。

ニジヒメバチ亜科?

こんばんは、

おちゃたてむしさんとこのナワニジヒメバチ( http://mushi-akashi.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-9d59.html )のお仲間では?
私の似たのを撮りましたが、胸の側面の模様がチョッと違っていて、ナワニジヒメバチの方に近い気がしますが(^^;。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。