樹皮裏の不明幼虫たち





この辺りの幼虫はウジャウジャ出てきたけど、なにがなにやら・・・・(笑)。
ガガンボ類とおぼしき幼虫はおそらく2種以上居たと思うが、いずれも小型種だろう。ミズアブ類の幼虫もおそらく2種以上(白くて細長いのと、やや幅があってうっすら褐色みがあるのが居た)。コメツキムシの一種の幼虫は朽木からよく出てくるのとそっくりだが、少し小さめで、腹部末端節がちょっと短く、腹面の両側にスジがある。クダアザミウマの幼虫はかつてHaplothrips属と判断したものだと思うが、成虫は未確認。
樹皮めくりは毎度、何らかの甲虫の成虫を何種類か見つけているが、今回はエンマムシ1匹しか出てこなかった・・・・。前回やたら出てきたゴミムシダマシやハサミムシ類も皆無・・・・いったいどうしたってんだろう?

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード