スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメグモ科の幼体?



樹皮裏から出てきたクモの幼体たち。腹部背面に特徴のある模様があり、この模様には見覚えがあるが、果たして予想通りの種類なのかは定かではない。樹皮裏という場所、糸がヒメグモっぽいこと、背面の模様・・・・ヤマトコノハグモかカレハヒメグモの幼体ではないかと予想した。しかし、ヒメグモの幼体にしてはちょっと大きい気もする。大きさ的にはオニグモ類の幼体の可能性もあると思ったが・・・・果たして。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

コメントありがとうございます。
オニグモに関しては成体に近い大きめの幼体は確認済みなのですが、これくらい若いのは種類の特徴が体に表れていないのでまだ推測の域を出ない段階なのです。ただ、割とあちこちで見かけるのでおそらく普通種、若い幼体だが体長はそこそこ大きめ・・・・ということでオニグモだと判断した次第です。
飼育がそれほど難しくないなら、一度採集したものを育ててみたいと思ってます。

No title

「腹部背面の模様がカレハヒメグモに似ている大きめの幼体」とはこのクモのことでしょうか?ちょっと同定するには若すぎるのでオニグモの仲間とまでしか言えませんが、その場所にオニグモ以外いないのであれば、やはりオニグモの可能性が高いと思います。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。