スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不明幼虫 No.18




荒川河川敷でやたら見かけた、毛深くて黒い幼虫。ハンノキハムシの幼虫に似た雰囲気があるが、毛が生えていることと、触角があるのが異なる。この触角の形・・・・どこかで見たことがある気もするが・・・・。
とりあえず、甲虫なのは確か。数からして普通種だと思うが、現時点では種類不明・・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。
餌食については全く見当がつきません。やや湿った砂地の石下やゴミ下などに居ましたが、菌類なども含めてエサになりそうなものは全く見当たりませんでした。そのため、幼虫だけを採集する形となり、結局は自室でお亡くなりになりました。
ハムシダマシ幼虫・・・Lagria Larvaで画像検索してみましたが、確かに似ていますね。尾端に小さな2突起が見える写真は残念ながら有りませんでした(おちゃたてむしさんくらいの接写が出来ればはっきりしますが・・・・)。しかし、外見的にはかーなり近いと感じました。河川敷以外で同様の幼虫を見たことが無かったので、河川敷特有の小型甲虫だと思ってましたが、意外とどこにでも居る小甲虫なのかもしれません。
次に採集する機会があれば、試しに腐植物と一緒にして様子をみてみようかと思います。

No title

見かけはハムシダマシ幼虫(甲虫図鑑4の82図版A)に似てるようです。た~だし、ハムシダマシ幼虫ならば、「体長11mm、尾端にごく小さな2突起、体表に突起は見られない」。・・・・似てる点は「触角の出っ張りていどと毛むくじゃら」くらいでしょうか。これが終齢幼虫ならまったくの論外ですけど。
何を(腐植質とか?)食べてるのか見当つきますか?


FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。