スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツヤハナバチの仲間?



タンポポの上で交尾していた真っ黒なハチ・・・ツヤハナバチかな?
顔も見えなかったし、サイズも計れなかったし、採集も出来なかったのでこのまま迷宮入りだが、まあ春らしい写真ということで(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。
確かに。希少種だったり珍品だったりってものに限って、1枚しか撮れなかったり、肝心な部分が見えなかったり・・・・しょっちゅうです(笑)。
一度逃げられてしまうと、次に再見出来るのがいつになるか分からないのも虫撮りの醍醐味というか・・・・・。

おかしいな?とは思いつつ

 4mm位だったんですね。
まぁ、小さな蜂ですから色んなのがいますよね。

 ?と思ったのに限って、ピンが甘かったり、すぐに逃げたり・・・その内、ひょいと資料を発見して謎が解けるのも楽しみの一つ(強がり)

No title

syuichiさん、こんばんわ。
確かにぱっと見は同じように見えますね。こうなると益々、実測できなかったのが悔やまれます。体長が6ミリ台でこの容姿なら、迷わずクロと確定したいところです。
クロよりも小さな4ミリ台のイワタチビも全身真っ黒なのですが、イワタチビの場合は頭楯の黄紋が大きなのは上に乗ってるオスの方になるはずなので、もし実際の体長が小さかったとしてもイワタチビは除外出来ると思ってます。ただし、サトウチビの詳細が分からないのです。サトウチビの外見が異なっているのであれば、消去法でクロしか残らないのですが、サトウチビの外見が酷似していれば、実測出来ていないだけに確定する自信がありません。東京都本土部昆虫目録にクロの記録が無いのも不安材料の1つです。
そんなわけで、とりあえず今回の個体に関しては、このまま未同定としたいと思います。次回、顔がちゃんと撮れて、体長がしっかり測れたときに、改めて確定させたいと思います。
コメントありがとうございます。とても参考になり、いろいろ再考出来ました。

小さな蜂

 こんばんは。
私がマメヒメハナバチに取り憑かれている間に、こんなに記事が!
 艶があって黒い・・・となるとクロツヤハナバチが思い浮かびます。
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/Konchu/html/Konchu00001507.html
 ここに標本ですが、出所のシッカリした写真があります。
頭楯の黄色いのも確認できるかと・・・。
フッカーSさん自身で確認してみてください。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。