スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河川敷のクモ



河川敷ではまだそれほど背の高い草は生えていないが、それでも比較的背の高い草の間にはコガネグモダマシが陣取っている。まだ草が低いので、クモが居る位置は人の腰辺りよりも低い。個体数はひじょうに多いが、多摩川よりも荒川の方が多い気がする。多摩川と荒川では、土壌とか周辺環境とかが違うので、生息するクモの種類も微妙に異なっているのが面白い。例えば、小石が多い多摩川の中流域では、小石の上にとっても小さなシラホシコゲチャハエトリが歩き回っている。しかし、荒川ではこのクモは見かけない。




シラホシコゲチャハエトリの可愛らしさはもう、最強クラスだと思う(笑)。その可愛らしさは、実際に実物を見ていただいた方が実感出来るに違いない。体長3~4ミリほどしかないクモが石の上をピョンピョンと飛び回る様は、いつまで見ていても飽きない。
一方、多摩川の小石の下にはメキリグモが多いが、荒川では石が少ないせいかメキリグモは少ない。アリを狙うアオオビハエトリと、シボグモはどちらの河川敷でもやたらと多い。草間を走り回るコモリグモも河川敷には多いが、動きが速くて確認が難しいながらも、両河川敷では個体数の多い種類が異なっているように見える。例えば、シッチコモリグモは荒川に行くとコンスタントに見かけているが、多摩川の方ではまだ見たことが無い。ウヅキコモリグモやフジイコモリグモは、何となく多摩川の方が多い気がする。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメントありがとうございます。

みき♂さん、はじめまして。
全体的にクモ嫌いな人でもハエトリグモの類だけは好きだと言う方が居るほど、ハエトリグモのルックスや行動はユーモラスで可愛いものですよね。そんな中でもシラホシコゲチャハエトリの可愛らしさは群を抜いていると感じます。オスが居る場所なら近くに必ずメスが居ると思いますので、次回は是非メスを撮って、ブログでご紹介ください。みき♂さんのブログも、ときどき覗きに伺います。
当方は23区内限定で虫撮りをしているので大して珍しい虫は登場しませんが、こちらこそよろしくお願いいたします。

シラホシコゲチャハエトリ可愛いです

はじめまして、みき♂といいます。
初めましてと言ってもかなり以前から拝見しておりました。
いつもとても緻密に調べられているので、恐れ多くてコメントは差し控えておりましたが、
つい最近初めて見かけたシラホシコゲチャハエトリが載っていたので嬉しくてコメントしてしまいました。
自分は浅川河川敷で見かけました。
まだ♂だけですが、そのうち♀も見かけたら拙ブログにて紹介してみたいと思ったりしております。
それにしても小さいシラホシコゲチャハエトリ、よく鮮明に撮られていますね。
自分はたくさん撮った中でいくつか何とか見られる程度でした。
また時折覗かせていただきます。今後とも宜しくお願い致します。
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。