スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤドリウメマツアリ、ほか


倒木を割ったら出てきたウメマツアリの集団だが、何だか有翅の女王アリがやたら多い気がした。都心部の公園なので通常は女王は長翅型で単体制のはずだが、集団が大きいとこういうこともあるのかなぁ・・・と思いながら写真を撮った。しかし、帰宅後に拡大してみると、有翅女王の体長が働きアリと同じくらいしかない。しかも、全体的にツルッとした印象で、頭の幅が胸部背の幅より大きく見える。・・・・ということは、これはヤドリウメマツアリということか。日本産アリ類画像データベースでは、「ヤドリウメマツアリは主に短翅型の巣に寄生するようである」と書かれていた。ウメマツアリの短翅型は主に河川敷で見られ、1つの集団に複数の女王が居るため、ヤドリウメマツアリも違和感なく紛れ込めるのかもしれない。しかし、体長や外見的特徴から考えて、今回の長翅型女王の集団に居た個体はやはりヤドリウメマツアリとしか思えなかった。「主に」と書かれているところからみても、おそらく例外はあるのだろう。



↑ その他、最近見かけたアリたち。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。