スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オドリバエ科の一種

早春はオドリバエに適した時期なのか、このところ立て続けにオドリバエと出会っている。毎年ハエ類も選り好みせずに撮っているつもりだが、過去にオドリバエはほとんど撮っていなかったので、そこが不思議であり、また興味深い。

 B

 C

 D

三枝先生の日本産オドリバエ科の図解検索を試してみたが、「D」がどうやらEmpis属らしいということしか分からなかった。ただし、「D」の場合、画像では何となくSc脈の先端が消失して「いるように見える」が、画像が不鮮明なのでホントに切れているかどうかは不安だし、平均棍基部辺りの胸板の毛塊も画像では確認出来なかった。
「B」はSc脈の先端が消えてるようにも繋がってるようにも見えるため先へ進めず、「C」はSc脈が見えない&R4脈が湾曲しているので次項に進んだ結果、触角は普通に見えるためHilara属となったが・・・・これも少々怪しい同定結果となった。ちなみに、東京都本土部昆虫目録にはRhamphomyia属3種とLeptopeza属1種の記録しかなく、Empis属もHilara属も載っていない。ここは無理矢理に属まで決めず、科で止めておいた方が良さそうだ。とりあえず、採集した個体を見ながら丁寧に図解検索を進められるまでは、属の検索は保留しておこうと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。