ヒメウコンカギバの幼虫



こちらも北の丸公園で採集した。体長が20ミリに満たないことと、背中の短い突起部の長さの比較から、おそらくヒメウコンカギバの幼虫だろうと思う。それが正しいかどうかは、羽化した個体の翅の紋を見ればはっきりするだろう。おそらくこれで終齢で、捕獲容器に入れて帰宅したとき、容器の側面に繭を張りかけていた。しかし、飼育容器に移すために糸を剥がしたところ、へそを曲げてしまったのか、その後は飼育容器の中をずっと歩き続けており、いっこうに繭を張る気配が無い・・・・。うーーん・・・困った。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード