スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チビアメバチ亜科の一種?



チビアメバチ亜科のDusona属と判断したが、日本産ヒメバチ目録のページでそれ以外に似た画像が無かったからであり、チビアメバチ亜科の特徴に完全一致したからというわけではない。「少しでも違和感を感じる場合、その判断は間違っている可能性が高い」という持論を持っているのだが、今回の同定に関しては、上から見たときの腹部の形状や長さ、第一腹節の長さなどに何となく違和感があるのでありました。しかしながら、他に該当しそうな亜科の判断がつかないため、とりあえずは仕方なくチビアメバチ亜科としておいた次第。赤い腹部の黒い紋が特徴的に見えるが、意外とこんな感じのヒメバチは多いので、逆に(ヒメバチは触角や小楯板に白紋がある種が多いため)黒一色の触角や小楯板の方が同定ポイントになる。

PS:その後PPさんよりコメントをいただき、本種はチビアメバチ亜科ではなく「Ctenopelmatinae」亜科に属する仲間だと分かりました。やはり、違和感を少しでも感じた場合は間違っている確率が高いようです(汗)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ご教授ありがとうございます。
やはり間違ってましたか(汗)・・・・やはり、違和感を感じたときは間違っている確率が高いと分かりました。
ネットの日本産ヒメバチ目録に掲載されている標本画像では、一致する種類は見つけられませんでしたが、亜科が分かっただけでもありがたいです。
つい先日も、亜科がよく分からずに「チビアメバチ亜科?」とした別種が居るのですが、ここに掲載した種とはちょっと似ているので、そちらも含めてCtenoplematinaeをいろいろ調べてみたいと思います。

No title

CampopleginaeではありませんCtenoplematinaeの1種です
FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。