スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマカタカイガラムシ大発生


比較的近場の公園にウメの木が何本か植わっているが、1本のウメの木の葉をふと見ると、何やらベタベタした液体がびっしり付いていた。このこのベタベタ感は・・・・甘露ってことはアブラムシか?葉上にはそれらしい姿が見えなかったが、葉からまっすぐ上に視点を上げてやると、目線の先にあった枝にはビッシリと・・・・カイガラムシ!


どうやらタマカタカイガラムシらしい。カイガラムシが分泌する甘露を求めて、周囲にはクロオオアリが何匹かやって来ていた。さらには・・・・


天敵のアカホシテントウ幼虫がウジャウジャ。毎年アカホシテントウをそんなに多く見たという記憶が無いのですが、エサが多ければ捕食者も増えるってことでしょうか。自然界は上手く出来てる。こうやって、過剰な発生は抑えられるようになっているんでしょう。稀に抑制者の居ない大発生というのもあるが、ああいうのは異常な事なんでしょうね。


そんな中、何とか子孫を残そうと交尾に励む雌雄の姿も。来年も再び大発生するか否かは、テントウムシの食欲と運にかかってます。果たして・・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。