スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホップイボアブラムシ


さて、前の記事でタマカタカイガラムシが大発生していたウメの木ですが、隣には同じ品種の同じくらいの大きさのウメが植わっていた。しかし、こちらは枝や幹を捜してもタマカタカイガラムシの姿は全く見当たらない。いったいどんな違いがあるのかは分からないが、虫の世界ではこういう事が多々ある。おそらく人間には分からないビミョーな好みってのがあるんだろう。その代わり、隣のウメの木には別の半翅類が居た。葉を見ると、その多くが萎縮して丸まっている。こんな丸まった葉の中には、虫が居ることが多いが・・・・


葉の中に居たのはホップイボアブラムシのようだった。ときどきは有翅虫の姿も見られた。
改めてタマカタカイガラムシの居たウメの方を見直したが、そちらの葉にはホップイボアブラムシは1匹も居なかった。やはり好みが違うってことか・・・。つくづく面白いと思った。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。