スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメグミキジラミ



石神井公園の石神井池脇にあったグミの木には、ヒメグミキジラミがビッシリ! ナミテントウの幼虫が総動員していたので、最初はその数からしてアブラムシが居るのかと思ったが、実際はアブラムシの数に匹敵するほどのキジラミの大発生だった。別の場所で見かけたゴボウクギケアブラムシも居たには居たが、アブラムシの方は数匹程度という少なさだった。あるいは、大量のナミテントウの幼虫によってアブラムシは食べ尽くされた後だったのかもしれない。捕食シーンを見ていないので定かではないが、同じ半翅類のキジラミ幼虫なんかは肉食テントウムシ幼虫のエサにはなったりするんだろうか。元々アブラムシがほとんど居ないグミの木だったとすれば、ナミテントウ幼虫が狙っていたのはヒメグミキジラミということになるんだが・・・・・果たして?

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

フッカーS

Author:フッカーS
東京都在住。
東京23区内にどんな虫たちが生息しているかを、自分で探して確認することにこだわってます。本格的な求虫道に入って5年目ですが、虫の世界は奥が深く、分からないことだらけです。
写真は100%コンデジで撮ってます。
当ブログでは、学名は特にイタリック体で書いていません。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
日本愛猫党
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。